REIT価格安定局面へ、利回り3%台 - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

株式会社FPリサーチパートナーズ 代表取締役
神奈川県
ファイナンシャルプランナー
044-814-3553
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

REIT価格安定局面へ、利回り3%台

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
資産運用 金融資産運用・投資

価格変動から、安定相場へ

不動産REITの価格変動が落ち着いている。

一時期のアベノミクス相場で買った人からすれば、大きく下落しているように

感じるかもしれない。

 

ただ、一時期の価格が上昇していた局面では訳がある。

上記は国債利回りとREIT価格の変動だが

4月は国債利回りが0.4%~0.5%程度まで下落し、まだ下がるのでは?

という観測もあった。

 

その時のREIT価格は約1,700円(一時1,900円)

 

その後国債利回りは上昇し0.7%~0.8%で推移するようになり

REIT価格も1,400円前後で落ち着いている。

 

ではこれが適正かどうか?

 

直近のREITファンド(1343)の分配金は年換算で4,980円。

今日の株価で引き直せば年利は3.45%程度になる。

 

国債利回りが今よりも下落することが考えにくくなった

今からは、「分配金利回り」で見ていく方が賢明と感じる。

 

概ね3%程度の利回りを予測しているが、2%後半も

場合によっては視野に入れておく必要もあるかもしれない。

 

いずれにせよ、過去のREIT価格の急上昇は

国債利回りの歴史的下落で生まれた価格と思っておいた方が良いかもしれない。

 

上記の試算はETFにて行っているので、投資信託によるREITへの投資リターンは

更にパフォーマンス低下が懸念される。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPリサーチパートナーズ 代表取締役

理想のライフスタイルを現実化するファイナンシャルプランナー

「住まいと暮らしに新発想」をテーマにお客様に様々な選択肢を提供しております。お客様により「理想」は違います。実経験を基に「不動産・相続」等の難しい問題から、知って得する「ライフプラン・保険」情報まで幅広くアドバイス・問題解決させて頂きます。

044-814-3553
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「資産運用」のコラム

2014年 金融市場動向(2014/01/25 16:01)

日経平均下値の目処は?(2013/06/06 17:06)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 確定拠出年金で社会保険コストダウンと福利厚生を実現!

労使がWINWINの関係の社会保険制度の導入を!(1人からでも可能!)

料金
無料

社会保険料の負担が増加する中、最高保険料の見直しも議論が開始されている昨今。
企業コスト影響が高い社会保険は、企業の成長を阻害するかもしれません。

社会保険料が削減できても、将来年金が不足しては何の意味もありません。

提供する「企業型401K(選択制)」では将来の年金を守りながら
会社・従業員の社会保険料負担が削減でき、従業員ごとに加入が選択できることが
可能で多くの会社様にご支持頂いております。

確定拠出年金で社会保険コストダウンと福利厚生を実現!

このコラムに類似したコラム

資産運用、NISA口座は購入する銘柄を選んでから申し込むのがポイント 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/11/15 17:00)

「住宅価格、下げ止まらず!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/08/31 15:56)

海外のREIT指数に連動するETFも取り扱いは少ない 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/09/01 10:00)

ネット証券大手3社取扱海外ETFが連動を目指す債券指数-1 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/08/28 10:00)