会社の都合、働き手の都合 - 労務管理 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

会社の都合、働き手の都合

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 労務管理
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 私の思い・考え

  最近は雇用環境が厳しいためか、「会社の都合」で翻弄されたと言う働き手が増えているように思います。労働条件の引き下げ、無理な異動命令、リストラ、新卒切りや内定切り、入社したら話が違うなど、挙げればキリがありません。ギリギリの厳しい環境ですからやむを得ないところもありますが、それでもあまりにも人扱いが乱暴になっているように感じます。

 

  ただ、景気が良かった頃のことを考えると、せっかく一生懸命仕事を教えてもすぐに転職してしまう、採用活動をしても内定辞退などは日常茶飯事、社員は会社に要求して会社は社員をつなぎ留めるためにそれに応える、会社の経費で飲み食い、なんて事がたくさんありました。「働き手の都合」に会社が翻弄されていたのかもしれません。

 

  そんな時代もあったことを考えていると、最近の乱暴な「会社の都合」は、昔のかたき討ちをしているようにも思えてしまいます。(今つらい目にあっている人の多くは、昔おいしい目にあった人ではないでしょうから、理不尽なことは間違いないですが・・・)

  何が言いたいかというと、やっぱりお互いがイーブンな関係でないと、おかしなことになってしまう、何とかうまくバランスが取れないものだろうか、ということです。

  こんな環境でも「本当に社員に助けられている」と心の底からおっしゃり、良い会社にするために、社員との良好な関係作りに腐心している経営者の方は、本当に大勢いらっしゃいます。相手の立場を考え、認め、尊重する、せめてこんな基本的なことだけでもできれば、今のような嫌な風潮は少しマシになるように思うのですが・・・。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

このコラムに類似したコラム

「仕事があるのに働こうとしない」の批判は正しいか 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2015/06/30 08:00)

パートの社会保険適用拡大法案の動向(衆院採決) 北岡 大介 - 社会保険労務士(2012/06/26 08:56)

有期労働契約の規制強化案(利用可能期間規制)について 北岡 大介 - 社会保険労務士(2011/12/26 21:52)

卸売業の労務管理 西川 幸孝 - 経営コンサルタント(2010/10/19 13:35)

製造業の労務管理(2) 西川 幸孝 - 経営コンサルタント(2010/10/19 13:23)