暑い季節、おいしく感じる味付けは… - 和食・家庭料理 - 専門家プロファイル

株式会社アッサンブラージュ 100%天然素材 家庭料理実践家
東京都
料理講師
03-5789-8047
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
塚本 有紀
(料理講師)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

暑い季節、おいしく感じる味付けは…

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 和食・家庭料理
少人数制料理教室・クッキングサロンM&Y 毎日の料理

こんばんは!
高窪です。

今日も本当に暑いですね!
さすがの私も日中、室温が33度になった時点でたまらずエアコンをつけました。

さて、こんな暑い時はお料理の味付けにちょっとだけ工夫を。
少しだけ、塩分を強めにすることをお勧めします。

これは、汗と一緒に塩分が体外へ排出されてしまうため。
夏の身体は、いつもよりも塩分を欲しているのです。

その状況に応じた味付けというと、思い出すエピソードがあります。
以前、何かで読んだのか、テレビで紹介されていたのかは忘れてしまいましたが、帝国ホテルで総料理長まで勤められた故村上シェフがオリンピックの選手村で料理人として働いた時、いつもの味付けでお料理を出したところ、アスリートの方たちにあまり評判が良くなかったそうです。
そこで、何かをきっかけにして塩分を強めの味付けにすることに気づいて、お料理を出したところ、好評を博したそうです。

スポーツ選手は汗をかきます。
だからこそ、通常よりも塩が効いたお料理をおいしいと感じたのです。

それは、夏、汗をかいている私たちも同じこと。
もちろん、加え過ぎてもおいしくありません。
これこそ“塩梅”と言えるのではないでしょうか?

少し塩を効かせたきゅうりの浅漬けや、塩茹でした枝豆、とうもろこし。
この時期、よくおやつに出たとうもろこしの甘さと塩味が入り混じった味が、なんとも言えずおいしかったことを思い出します。

お料理をする時に“塩梅”、ちょっとだけ思い出してみてくださいね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 料理講師)
株式会社アッサンブラージュ 100%天然素材 家庭料理実践家

気軽に作れ美味しく元気になる完全無添加・100%天然素材家庭料理

お料理も、食べるのも気軽に楽しく、そして元気に!アトピー体質の自分の身体と向き合い、楽しみながらお料理して命をいただいた実体験から生まれた、本当に美味しくて元気になる100%天然素材家庭料理が、クッキングサロンM&Yのお料理教室のコンセプトです。

03-5789-8047
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「少人数制料理教室・クッキングサロンM&Y」のコラム

このコラムに類似したコラム

カニビールって!? 城崎にて 塚本 有紀 - 料理講師(2013/09/04 22:07)

じゃがいもの冷製スープ「ヴィシソワーズ」の意味 塚本 有紀 - 料理講師(2011/08/29 10:24)

良い汗と悪い汗があるのは知っていますか? 廣瀬 ちえ - 料理講師(2010/08/16 17:25)

ポワローの美味しい季節 塚本 有紀 - 料理講師(2014/01/12 19:30)

9月の料理連続講座のお知らせ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/09/07 08:29)