研究開発費用 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

研究開発費用

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、気持ちの良い陽気ですね。

どこか遠くへ~…と出かけたくなるお天気です。



昨日からの続き、資産性の変遷について。

「収入が見込めるものが資産」というお話でした。

実はこの定義の変遷によって、資産から外れたものがあります。


例えば「試験・研究開発の為の支出」があります。

少し前の会計制度では、これらの支出は

「将来売上が見込める」という理由から資産計上が許されていました。


しかし、現在ではそうなっていません。

なぜなら「実際に企業に収入をもたらす試験研究の割合は

非常に低いから」という理由です。


資産を計上するということは、それだけ会社が「収入力」を

持っているということになります。

その帳面を見て投資家や債権者がその企業に対する

信頼度を測っているので、資産の形状についてはより

慎重にならないといけないのですね。


そんなこんなで、現在では「試験・研究開発の支出」は

資産として計上されないことになりました。


明日、一番最近のお話などを踏まえつつまとめへと

収束させていきます。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)

このコラムに類似したコラム

簡易簿記の特徴 高橋 昌也 - 税理士(2014/09/25 07:00)

所得という言葉 高橋 昌也 - 税理士(2014/03/15 07:00)

売上があっても回収が進んでいない 高橋 昌也 - 税理士(2012/01/13 01:00)

10億円の株を売ったら幾らになるのか? 高橋 昌也 - 税理士(2011/12/01 01:46)

最近の会計 高橋 昌也 - 税理士(2011/11/29 06:00)