収入が見込めるものでないと資産にならない - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

収入が見込めるものでないと資産にならない

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、真夜中に目が覚めてしまい…。

せっかくなので、深夜の更新です。


昨日からの続き、収入力という言葉について。

収益力が「売上をあげる力」だとすると、

収入力は「現金や預金をもたらす力」となります。

このニュアンスの差が非常に重要です。


実際の企業経営を考える場合、非常に重要なのは

「売上をあげること」以上に「売上代金を回収すること」

だったりします。

つまり「売上を計上しただけ」ではあまり意味がなく、

「実際に代金を回収して」初めて意味があるのです。


つまり、このニュアンスの差が生じたことにより、

資産の本質が「より実践的」になりました。

そう、結局はキャッシュが重要という基礎の部分に

会計が立ち返ったのです。



この定義が変わった結果、実は資産に該当しない

こととなったものがあります。

それはまた明日。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

金銭感覚は身体感覚である 高橋 昌也 - 税理士(2016/10/24 07:00)

税制の変更について 高橋 昌也 - 税理士(2016/02/07 07:00)

形にするのは簡単・・・なのですが 高橋 昌也 - 税理士(2016/02/04 07:00)

儲けとは何か? 高橋 昌也 - 税理士(2015/10/24 07:00)

アメリカ確定申告とアメリカ会社設立、どうしてアメリカ会計事務所を選択するか? 尾崎 真由美 - ワシントン州公認会計士(2015/09/20 23:02)