日本“新興”なるか!? - 資産形成 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日本“新興”なるか!?

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産形成
よもやまブログ
こんにちは!

さて、皆さんは、「日本振興銀行」をご存じでしょうか!?

名前をみると、何だか“公”な金融機関のような気もしますが…

最近、金融機関としては、ちょっと“目立った”テレビCMも流しているので、観たことがある方も多いのではないでしょうか。

同行は、主に中小企業向けの融資を専門としており、元金融庁顧問の木村剛氏が有志と共に2004年に設立した比較的新しい銀行です。


さて、このほど金融庁の発表によると、同行に対し「業務停止命令」が出されました。

それも、4か月という厳しい内容です。

処分の対象となった法令違反として、

1.検査忌避(検査対象の特定メールを意図的に削除)

2.出資法違反(上限金利を超える利息の受け取り)

3.優越的地位の乱用(融資先企業の取締役人事への介入)

4.事実と違う説明(融資条件などに誤解を招く説明)

などが挙げられています。


詳しい内容についてはわかりませんが、いずれにしても、業務方法などに問題があったのは確かなようです。


ちなみに、先般、同行から私の会社にも“融資のお誘い”の電話がありました。

現在、資金調達の予定はないので、丁重にお断りしましたが、この時期に、

「金融機関から“営業”の電話が入るのは珍しいな」

と思い、印象に残っていました。

「中小企業」への融資を専門に行うという点においては、非常に重要な役割を担っているとは思いますが、方法論に問題があるのであれば、もちろんそれはいただけません。

6月中に業務改善計画を作成するようですが、きちんと再発防止に取り組んでもらいたいものです。


とにもかくにも、日本は、“新興”、そして“再生”を目指さなければなりませんからね。
 
さて、明日は優良(有料)メルマガが発行されます。
http://www.mag2.com/m/P0007911.html


今回は、最近人気のETFを用いたロング・ショート(買いと売りを組み合わせた)運用で、実績を残しているファンドをご紹介していますので、是非ご購読ください。

では、穏やかな週末でありますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

「世界の社債発行額、過去最高に!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/11/11 11:44)

「日銀、追加金融緩和策発表!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/12/22 16:26)

「世界経済、下方修正へ」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/10/12 18:00)

「日本の競争力、さらに低下!?」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/09/14 16:02)

「長期国債保有、紙幣の発行残高を超える!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/08/17 14:03)