多分こうなるだろうな、ということ - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

多分こうなるだろうな、ということ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
クレーンで吊り上げ。

おはようございます、もっと上へ、これまた中々の迫力。


昨日からの続き、蓋然性のお話をしました。
ここで一つの例題を考えたいと思います。

・状況説明
当社では60歳の定年制を設けている。
当社には50歳の社員が10人いる。
おそらく一人当たり2,000万円程度の退職金を支払う。

さて、今から10年後、当社は一体いくらの退職金を
支払うことになるだろうか?


上記の例題につき、皆様はどのような回答をされるでしょうか?
シンプルに「2億円でしょ?」という答えがまず浮かびます。
ちょっと複雑に考えて「早期退職者とかいるのでは?」なんて
考えもあるかもしれません。
他には「退職金の相場がもっと下がっているのでは?」なんて
世知辛い意見も出てくるかも。

ただ、少なくとも「概ね二億円位の退職金を支払う覚悟」は
しておいた方が企業にとって良さそうです。
覚悟もなしにその時を迎えるよりは、準備期間があった方が
間違いがありません。


この項、明日に続く。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

呼吸(2016/12/02 07:12)