経営論的な金言 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

経営論的な金言

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は即席ラーメンの日です。

常に新商品がめまぐるしく入れ替わる業界ですね。

 

経営者と身体能力についてお話をしています。

多くの身体技術において、中立点、ニュートラルな姿勢が最重要視されます。

 

ちょっと話を変えて、経営論について。

多くの経営論で触れられているのでご存じの方も多いかと思います。

経営において難しいことの一つは「過去の成功例を忘れること」だと言われています。

 

・今までがこういう方法でうまく行っていた、だからこれからもこれでいこう

・こういう商品を売れば大丈夫

・例年、この時期にはこういう商品が出るから仕込みをしておこう

 

もちろん、ある程度の経験則がなければ人間は行動を続けられません。

毎回、常にゼロベースから行動を続けていたら、身も心もすり減ってしまいます。

 

妥当性のある過去の体験から行動を省略する。

この傾向をヒューリスティクスといいます。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

武芸の同時性(2017/08/20 07:08)

伝達の精度(2017/08/19 07:08)

このコラムに類似したコラム

くせに気が付く 高橋 昌也 - 税理士(2016/11/16 07:00)

現代資本主義は終わるのか 高橋 昌也 - 税理士(2017/01/12 07:00)

経営学は生命から遠ざかっている 高橋 昌也 - 税理士(2016/12/25 07:00)

自分への気付き 高橋 昌也 - 税理士(2016/12/24 07:00)

気の有無で大きな違いが出る 高橋 昌也 - 税理士(2016/12/23 07:00)