「貿易赤字 過去最大12.7兆円!」 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「貿易赤字 過去最大12.7兆円!」

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
よもやまブログ

こんにちは!

さて、先般、財務省が発表した貿易統計速報によれば、2014年の輸出額から輸入額を引いた貿易収支が、

“-12兆7813億円”となり、1979年以降過去最大となったことがわかりました。

 

これで赤字は、4年連続です。

輸出額は、前年比4.8%増加し、73兆1052億円と2年連続で増加しました。

一方、輸入額も、同5.7%増の85兆8865億円と過去最大に拡大したため、貿易赤字の拡大となりました。

自動車や液晶デバイスなどの輸出が好調だった反面、それを上回る液化天然ガスや太陽電池などの輸入が伸びたのが主要因といえます。

ただ、昨年末からの原油価格の下落によって、貿易赤字が縮小傾向となったため、1980年来となる

「経常収支」の“赤字転落”だけは、何とか免れたようです。

 

また、今年に入り、さらに原油価格が下落しているため、日本経済、貿易収支の面では、“プラス要因”ということがいえるでしょう。

とはいえ、日本の貿易構造、収支構造が大きく変化したわけではないため、「円安」を背景とした海外から入ってくる旅行者数などを増加させ、観光産業をはじめとするインバウンド需要を伸ばすと共に、経常収支の黒字化に貢献している外貨による収入(所得収支)の確保が必要なことに変わりはありません。

 

「円安」、「原油安」のこの好機を逃さないために、ここは“オールジャパン”で取り組んでいくしかありません。

是非、私たちそれぞれの役割の中で、頑張っていきましょう!

 

それでは、今週も、穏やかな週末をお迎えください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

「日本は、“何”で稼ぐのか!?」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/03/28 15:50)

円安で失われる国民の財産 森本 直人 - ファイナンシャルプランナー(2015/07/30 15:21)

「2013年度、経常収支“過去最低”に!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/05/16 17:04)

「ようやく経常黒字へ!しかし・・・」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/04/11 16:39)

「過去最大と過去最少!?」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/02/14 17:03)