「ようやく経常黒字へ!しかし・・・」 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「ようやく経常黒字へ!しかし・・・」

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
お金の基本

こんにちは!

さて、8日に財務省が発表した2月の国際収支速報によれば、日本の経常収支が5カ月ぶりに6127億円の黒字になったとのことです。

経常収支は、モノやサービス、配当など海外との総合的な取引状況を示す重要な指標です。

 

輸出から輸入を引いた貿易収支は赤字ではありましたが、-5334億円と1月の4分の1以下に大きく減少しました。

要因としては、企業が4月以降の増税の影響を考え、輸入の伸びが鈍化したと共に、輸出が前年同月比15.7%増加したことが大きかったようです。

 

サービス収支については、前年より赤字額が143億円増加し、-1934億円となりました。

 

そして、日本の経常収支の“稼ぎ頭”である第一次所得収支(海外からの配当など)は、505億円増加して、1兆4593億円の黒字となり、こちらは3カ月連続の拡大となりました。

 

これによって、2013年度(2013年4月~2014年3月)の経常収支は、かろうじて“黒字”となりそうな見通しです。※まだ、安心はできませんが。。

 

しかしながら、手放しで喜んでばかりもいられません。

というのも、4月からの消費増税が景気にどのような影響を与えるのか予断を許さない中、エネルギー輸入については、今後も拡大が続く見通しとなっているからです。

 

従って、単月での経常赤字は“ちょっと一服”とはなりましたが、今年一年、日本の「財政赤字」と共に、「経常収支の動向」からは、目が離せない状況が続いていきます。

引き続き、しっかりと、ウォッチしていきたいと思います。

 

朝晩の寒暖差が大きい季節です。

健康に留意され、穏やかな週末をお過ごしください!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「お金の基本」のコラム

このコラムに類似したコラム

「2013年度、経常収支“過去最低”に!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/05/16 17:04)

「貿易赤字 過去最大12.7兆円!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2015/01/30 11:22)

「日本は、“何”で稼ぐのか!?」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/03/28 15:50)

FP継続教育セミナー 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2015/10/28 17:12)

「対外純資産残高 23年連続世界一!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/06/20 12:42)