それは「いつ」の経費なのか? - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

それは「いつ」の経費なのか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は納めの地蔵の日です。
お地蔵様の縁日ということみたいです。

会計の期間について考えています。
高くて長く使えるものを購入しても、会計に期間という発想がなければ考える必要のない要素が一つあります。

それは

・これは「いつ」の経費なのか?

ということです。
なぜなら、期間という区切りがないわけですから、時間軸の発想をそこに持ち込む必要がありません。
あくまで重要なのは金額の目盛りだけになります。

ところが、現代の会計には期間(一年間)という時間の目盛りも導入されました。
そこで改めて「いつ?」という問いが問題となるわけです。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

棚卸しという発想の必要性 高橋 昌也 - 税理士(2014/12/28 07:00)

経費の前倒しや売上の先送りは怒られちゃいますよ! 高橋 昌也 - 税理士(2014/12/27 07:00)

期間帰属がとても大切 高橋 昌也 - 税理士(2014/12/26 07:00)

使える長さを見積もる必要がある 高橋 昌也 - 税理士(2014/12/25 07:00)

現金残高の推移は大切な情報 高橋 昌也 - 税理士(2013/10/24 07:00)