内向き日本男子症候群 - パーソナルコーチング - 専門家プロファイル

Super World Club 代表
カナダ留学専門家・英語教育者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

内向き日本男子症候群

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. パーソナルコーチング
外国から見た日本

14% 対 28%

昨年日本を出国した20~24歳の日本人男性の割合対、女性の割合です。

(12月14日付日経新聞より)



内向き内向きと、この小さな国に「ひきこもり状態」になっているのは「日本男子」らしいです。

特に2000年代以降、この傾向がますます強くなり「日本男子ひきこもり症候群」が起こっています。


カナダへの正式留学を長年お世話しています。

短期でカナダの社会を実体験するプログラム、「カナダの小さな町でボランティア」プログラムも実施しています。


確かに、カナダの大学・高校への留学生は2000年を境にぐ~んと男子の数が減りましたね。

ホームステイプログラムも、毎年女子の方が多勢です。


なぜ、日本男子はひきこもってしまったのでしょう。

新聞は「国力が落ちた印」だと嘆いています。

「仲間となんとなくつながっていられる居酒屋のある日本」から出られないのが日本男子だそうです。

「自分の国で自分の仲間といるのが居心地いいんだ」そうです。


私自身の日ごろの観察と一致点がありますね、その分析は。

「居心地のいい日本から出て冒険すること」に恐怖心を持っているのだと思います。

ただ、面白いことに、男子は一斉にその「怖いからひきこもる」心理に入る要素を持っていますが、ある一部の女子は「冒険」に免疫力を持っていると思います。


その観察とは?


Super World Club オフィス/今治教室は、JR四国今治駅にありますので、毎日高校生のグループを多く目にします。


女子は3人のグループが圧倒的に多いです。

声だかにしゃべっているのは必ずそのうちの一人だけ。

あとの二人の役割は、「きゃらきゃら笑って受けたふり」「黙ってうなづく」。


このパターンがほとんどです。


今まで勇気を出してカナダに向かった女子は「声だかしゃべり」「きゃらきゃら」「うなづき」のどのタイプだと思いますか?


以外なことに「うなづき」の割合が絶対的に高いです。


「声だかしゃべり」さんは、英語での「しゃべり」に恐怖感があるのかも。

日本語のように周りがずっと聞いてくれる英語力など、自分には無理だと本能的に感じているのかも。


「きゃらきゃら」さんも同じ。

英語でのコミュニケーションには「ただ笑うだけ」の人は必要ないことを、これもまた本能的に知っているのかも。


「うなづき」さんは、何語であろうとも同じですから、気楽に異なる言語圏に飛び込んでいけるのかも知れませんね。

英語圏に一番なじめるのも、このタイプです。


「留学したい!」と騒ぐわりには「声だかしゃべり」さんは、結局「日本の大学を経験したい。。。」とか何とか理由をつけて、日本での自分の地位を守る選択をすることが多いです。


「きゃらきゃら」さんは最初から「留学」を口にすることはないですね。

コミュニケーション自体に向いてないことをよく知っているみたいです。


「うなづき」さんが頑張ると、ほら3分の1、最初の数字28%に近い割合の日本女子が「外」に出て行く状況がよく見えて来ます。

ぴったり!


さて「困ったちゃん」の男子。


見かけるグループは女子より大きく、5人~8人くらいが通常です。


話?

あれは話ではなく、単なる「発声」だと思います。


内容はなく、生物的な欲求を単語で叫んでいることが多いです。

「腹減ったぁ!」「トイレ行きてぇ」

または意味不明の単語が飛び交います。

「わぁ」「なん?」「お前~」「わっはっは」


でもなぜかグループ内では通じているみたいですね。

それが「仲間といる心地よさ」なのかな?


もちろん、英語になるとそんな「発声」や意味不明の「音」ではコミュニケーションは出来ません。

そこに本能的な恐怖を感じていることに、日本男子の「内向きひきこもり症候群」の原因があるような気もしてきます。


自分で文章を組み立てて話さなければいけないことへの「本能的恐怖」と「自分の身を守る行動」とか原因だと思えます。


そんな「日本男子」の中でも、たまに「ストーリー」を自分のことばで語れる子に出会います。

特に私が教えているクリティカルシンキング思考法では、「ストーリー」を語らなければいけないことが多いです。


その中でぐいぐい頭角を現してくる「日本男子」はみな「ストーリー」を創造し語れる子たちです。

決して多くはないですが、確かにそんな「日本男子」は存在します。


割合で言えば14%くらいでしょうか。


あ!!


そんな稀な能力を持った「日本男子」を、ど~んと外に出すのも私の使命だと感じているこの頃です。


Just Go, Boys!!

******************

 カナダの小・中・高校の教育課程を基にした指導をしています。
クリティカルシンキングの基本が出来た生徒は「カナダの小さな町での留学・ボランティア」で自分本来の能力を発揮中です。
Super World Club(大澤眞知子、Robert McMillan)  

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カナダ留学専門家・英語教育者)
Super World Club 代表

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

カナダ高校留学・大学留学・大学院留学・政府認証ボランティア体験のカウンセリング及びサポート。 Canada 在住。

カテゴリ 「外国から見た日本」のコラム

Trump の性差別と日本(2016/10/13 08:10)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 Critical Thinking を使った英語のReading

英語のストーリーやエッセイなどの抽象的な概念を論理的に理解する方法

料金
16,200円

英語のReading 能力を高める効果的な方法。 それは、Critical Thinking を使い、分析しながら読めるよう訓練することです。

アメリカやカナダの大学では、高校までの教育で完成しているはずのCritical Thinking能力が必須ですが、大学により、その能力を確かめるために、Reading with Critical Thinking という教授法を使うことがあります。

その実践されているReading with Critical Thinking を体験して下さい。

Critical Thinking を使った英語のReading

このコラムに類似したコラム

「『部活』で忙しいので。。。」の摩訶不思議 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/06/09 15:33)

あと一歩が踏み出せない日本の10代へのメッセージ 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/06/08 12:55)

カナダの小さな町で見たこと - Humble and Kind 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/05/30 13:08)

外国で勉強する機会のないまま就職したくない大学生へ 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/02/22 13:44)

「留学」は自分の人生への競争力をつけるため 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2015/05/28 18:45)