仕事に必須のスキルは【創造力と判断力】 - コーチング全般 - 専門家プロファイル

Super World Club 代表
カナダ留学専門家・英語教育者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

仕事に必須のスキルは【創造力と判断力】

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. コーチング全般
外国から見た日本

ITテクノロジーの進化が日毎に人間の仕事を奪っています。

As Robots Grow Smarter, American Workers Struggle to Keep Up: New York times

事務処理、会計などは言うまでもなく、現在ではなんと外科手術、麻酔技師、ホテルのベルボーイ(日本でもHISが計画中)までもが進化したロボット技術により可能になりました。

車や飛行機も自動運転。 ドライバーやパイロットはかなり近い将来不要になる仕事の筆頭にも考えられています。

 

Algorithm (ある作業―主に数学・コンピューター上―を完了するのに必要なプロセス)をロボットが学習する能力が飛躍的に上がり、しかも人間の感情を見分けることも出来るロボットが大活躍を始めています。

 

じゃあ、人間にはどんな仕事が残されているのか?


これから大人になる子供たちには、「人間の能力のうち未だコンピューターには出来ない能力」を備える教育が必須です。

 

その能力とは

【創造力―自分で問題を創り出しそれを自分の方法で解決する能力】と

【判断力―いつ何をどう行動することが一番効果的であるかどうか、周りの状況により独立して決断出来る能力】ということです。

(By Google’s co-founder, Larry Page: “Many point to education, in new technologies and in the skills that remain uniquely human, like creativity and judgment.”)

 

日本の教育で、こんな能力が身につくと思いますか?

大きなNOです。

 

ロボットですらプロセスを学習する能力をつけている現在、日本の子供たちは、プロセスどころか、全くつながりのない断片知識をただ暗記しているだけです。

 

問題解決のための判断力なども遠い遠い道のりです。

教科書に書いていることを疑問も感じずひたすら覚え、何が問題なのかを自分からみつけることが出来ません。

 

日本の学校では子供たちに繰り返し繰り返し、ロボットにも簡単に出来ることを、何十年も教えて来ました。

それが今では、ロボットの能力にさえ追いつかない教育レベルに成り下がっているのが日本の教育の現実だと思います。

 

プログラムされた指示を理解し、言語に正しく反応し(英語ももちろん)、 判断し、行動する。

これが今のロボットに出来ることです。 (by New York Times)

 

 

さて、そんな悲惨な教育を受けている子供たち。

暗記教育の先に仕事はあるでしょうか。

 

現在仕事についている人の多くは、100年前には想像もつかなかったスキルを使い仕事をしています。 同じく100年後には、今通用するスキルでは仕事に就くことすら出来なくなります。

(あらら。。。)

 

このテクノロジーの進化に追いつき損ねた人たちが、今労働市場を奪い合っている状況。 仕事の奪い合いだけでなく、限られた賃金をも分け合っているのが現状です。

(賃金が上がるわけもないですね。アベノミクスとやらのせいだけではなさそうですよ。)

 

そんな中、テクノロジーの進化と競い新しいスキルを身につけ、創造力と判断力を兼ね備えた人は、高い生産力を持つ労働者として、限られた賃金の大部分を占拠していきます。

それが、現在であり、年ごとにこの傾向は累乗で大きくなっていくと予測されています。

(もっとあらら。。。)

 

今回の選挙でも教育は全く置き去りです。

話題にもなりません。

 

ロボットでも人間の感情を理解し始める現在、「道徳」教科とやらで「感情とはこういうもの」という定義を暗記することが「良い教育」と思っているのでしょうか。

 

大いなる潜在能力の羽をもがれた日本の子供たちを見ていると、何とも言えない気持ちになります。

 

小さな力ですが、何とか「創造力と判断力」の芽を摘まれないよう、今治教室やWeb教室で指導する生徒たちの脳細胞を刺激し続けています。

 

少なくとも、将来ロボットには出来ない仕事の出来る人間になってほしいですよね。

 

今日も今から生徒たちがやって来ます。

Pixtonという「自分で問題をみつけ、それを解決するプロセスを3コマコミックにする」web 教室で格闘しに来ます。

 

「自分で問題をみつけ。。。」がとてつもないチャレンジです、生徒たちには。

頑張れ~~。

******************

 カナダの小・中・高校の教育課程を基にした指導をしています。
クリティカルシンキングの基本が出来た生徒は「カナダの小さな町での留学・ボランティア」で自分本来の能力を発揮中です。
Super World Club(大澤眞知子、Robert McMillan)  

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カナダ留学専門家・英語教育者)
Super World Club 代表

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

カナダ高校留学・大学留学・大学院留学・政府認証ボランティア体験のカウンセリング及びサポート。 Canada 在住。

カテゴリ 「外国から見た日本」のコラム

Trump の性差別と日本(2016/10/13 08:10)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 Critical Thinking を使った英語のReading

英語のストーリーやエッセイなどの抽象的な概念を論理的に理解する方法

料金
16,200円

英語のReading 能力を高める効果的な方法。 それは、Critical Thinking を使い、分析しながら読めるよう訓練することです。

アメリカやカナダの大学では、高校までの教育で完成しているはずのCritical Thinking能力が必須ですが、大学により、その能力を確かめるために、Reading with Critical Thinking という教授法を使うことがあります。

その実践されているReading with Critical Thinking を体験して下さい。

Critical Thinking を使った英語のReading

このコラムに類似したコラム

戦後70年ずっと「同じ教育方法」を続けつつ「異なった結果」を夢見る愚かさ 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2015/08/03 14:09)

リスクを避ける生き方が、一番リスクが大きい(TIME誌より) 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2015/06/20 17:59)

「今を生きる10代」 と 「過去の中で凍ったままの10代」 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2015/02/01 17:52)

伸びる「多民族」の国カナダと、沈む「単一民族」の国日本 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2014/12/30 17:23)

「今日本の若者に求められる力」を語る支離滅裂な大人たち 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2014/12/22 14:55)