チャレンジ目標とストレッチ目標 - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

チャレンジ目標とストレッチ目標

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 お勧めの取り組み

 オリンピックやワールドカップなど、一流選手の真剣勝負はやはり見応えがありますから、なんだかんだ言いながら毎日テレビに釘付けになってしまいます。

  毎度のように日本選手に対してマスコミはメダルメダルと大騒ぎしますが、自己最高のプレーをしてもギリギリ届くかどうかの選手までメダル候補に祭り上げてしまうのは、さすがにどうかと思っています。
 そんな中で昔ある研修で聞いた「チャレンジ目標」と「ストレッチ目標」の話を思い出したので紹介します。

 要約すると、例えば目標管理などで扱う日常の中での目標は、実現できるかどうかわからないチャレンジ(挑戦)目標でなく、一定期間に実現できる可能性が高いストレッチ(引き伸ばし)目標の方がふさわしい、というようなことです。実現可能な目標を設定して、一歩一歩クリアしていく方が達成感もあってやる気も出るし、結果的に最終目標に到達できる確率も高いということです。

 何がチャレンジで何がストレッチなのかの切り分けは、自分の位置づけを客観視しなければならないのでなかなか難しいですが、大きな目標(夢?)に向かうにしても、まずそこへ向かうステップを分割し、身近で達成可能な目標へ落とし込んでいくことが重要なのだと思います。

 水泳の北島康介選手は、小学生の頃から「オリンピックで金メダルを取る」と言っていたそうです。その当時は遥か彼方の“夢”だったと思いますが、コーチとともに身近な目標を一つずつクリアしていくことで、“夢”が“チャレンジ目標”になり、“チャレンジ目標”が“ストレッチ目標”になり、それを達成することで今までの快挙があるのだと思います。
 これほど高い志しを持つのは無理だとしても、自分の身近な事で、少しでも見習っていければなどと考えています。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

「目標管理」に関するまとめ

このコラムに類似したコラム

新人店長は「スタッフミーティング」での伝え方に気をつけよう 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2014/03/24 06:55)

新人店長は「小さな達成感」を大切にしよう 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2014/01/10 07:08)

減点より加点法で生きる 竹内 和美 - 研修講師(2015/02/22 15:05)

「やる気満々」の「受け身」 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2014/11/11 08:00)

実は圧倒的に多いはずの「報われない努力」 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2014/10/28 08:00)