いつもいてくれないと困る? - 組織改善・風土改革 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

羽田 未希
(社会保険労務士)
渋田 貴正
(組織コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

いつもいてくれないと困る?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 組織改善・風土改革
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 現場の事例・私の体験

 私が企業人事のご支援をするという際は、社外人材としてある限られた時間の範囲内、または決められた生産物の請負という形でお手伝いをします。ですからよほどの専任契約でない限りは、いつもその場にいて、顧客がすぐに声を掛けられる状態で仕事をするということはほとんどありません。

 限られた時間の中で、最大限のパフォーマンスを出すことが、私たちの役目だと思っています。


 ただ、ある会社にうかがった時に、その担当の方から「いつもいてくれる人じゃないと、あまり意味がないし困るんだよなぁ・・・」と言われたことがあります。

 その会社は、パートのような時間限定の社員は一人もおらず、しいていえば、育児休業明けの社員に法律最低限の短時間勤務を認めている程度です。


 私は単純に、パートタイマー的な人材を使い慣れていないから、そんな話が出てくるのだろうと思ったのですが、少し意識して観察してみると、どうもそれだけではありません。


 まず、その会社は、全社的に結構な長時間労働で、とても残業が多い環境でした。その一番の理由は、とにかくやたらと会議や打ち合わせが多いということです。

 また、それがきちんと予定された定例的なものだけでなく、「AくんとBさん、ちょっといいかな」という感じで、主に上司から呼び止められ、予定外の打ち合わせが急に始まります。そしてそれが当たり前のように2時間3時間と続きます。


 各自が予定していた仕事は当然進まず、みんな残業になっていきます。また、その残業時間であっても、「ちょっといいかな」と打ち合わせが始まったりします。

 あまりはっきりとした議題がある会議ではなく、とりあえず打ち合わせをしようという感じが強いようです。


 何か要件を思いついた時に、すぐに打ち合わせができるようにしておくためには、「いつもいてくれないと困る」という訳です。はっきり言って、あまりにも行き当たりばったりで作業効率が悪いと感じます。


 もう一点、その会社では、お互いがやっている仕事に関する情報共有があまりありませんでした。人は人、自分は自分で、個別に作業を進めています。マネージャーにもあまり情報共有の意識はなく、それぞれがやっている仕事は、非常に属人的な形で進んで行きます。

 何かあるとその担当者がいなければ周りの人は何もわからないので、やっぱり「いつもいてくれないと困る」となります。


 今どきの人気企業や好業績企業は、こういう作業スタイルを最も非効率と考えて問題視していますが、この会社は世の中の方向とは正反対を行っている訳です。業務改善の突っ込みどころ満載ですが、実際に働いている皆さんは、何も言わずにこの状況に従っています。不満に思っているけど言えないのか、それとも何とも思っていないのかはわかりません。


 こういう会社は、実はまだまだ多いのではないかと思います。働き方の意識を変えるには、経営者や管理者に、その意識があるかどうかが大きな要素ですが、大体においては古い意識のまま根づいてしまっています。おかしいと思う人がいたとしても、そう簡単には変えられません。


 この状況は、やはり好ましくないことです、作業の効率化や情報共有を進めていって、「いつもいてくれないと困る」という意識から抜け出さないと、今の時代からはどんどん遅れて行ってしまうように思います。


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える

当事者では気づきづらい組織風土の問題をアドバイス。同テーマ商品の対面相談版です。

料金
6,000円

「今一つ元気がない」「何となく一体感がない」など、職場の風土や雰囲気に関する悩みについては、当事者しかわからない事情とともに、当事者であるために気づきづらい事もあります。これまでのコンサルティングで、活気を維持する、活気を失う、活気を取り戻す、という様々な事例、プロセスを見た経験から、会社状況に合わせた原因分析、対策をアドバイスします。(同テーマのメール相談を、より詳細に行うための対面相談です)

【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える

このコラムに類似したコラム

「情報共有」に自信を持つ社長のちょっとずれた感覚 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2016/08/09 08:00)

「管理」と「マネジメント」の間にある微妙で大きなニュアンスの違い 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2015/12/15 08:00)

「会社は誰のものか」は決めなければならないことなのか 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2015/10/06 08:00)

つい信頼してしまいがちな「人によって態度が変わる人」 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2015/02/17 08:00)

本当に「個人商店」から脱却したいなら・・・ 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2015/02/10 09:29)