自分たちのやっていることは知られている、という勘違い - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自分たちのやっていることは知られている、という勘違い

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は質屋の日です。
昔ながらの質屋さんって、なくならないですね。

広報についてお話を続けています。
外部広報と内部広報について取り上げてみました。

内部広報の重要性について、実例でご説明してみます。
これまた、私が関わっている合唱関係の組織を実例にしてみます。

私が住む川崎市では、市の文化事業として年末に市民第九コンサートを開催しています。
合唱連盟はその管理運営などを任されており、それこそもう25年以上続いているイベントだったりします。

さて、20年以上に渡り毎年開催されているイベントです。
そして、これまた毎年、合唱連盟の総会でも「昨年開催しました」という事業報告と「今年もやります」という計画を発表しています。


それだけやっていれば、まぁ相当な人数に知られているだろう…と思いたいところです。

が、実際にはねぇ…というお話です。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

呼吸(2016/12/02 07:12)

このコラムに類似したコラム

同じ会社の人間 高橋 昌也 - 税理士(2014/07/18 07:00)

身内だから知っていてくれるだろう、という甘え 高橋 昌也 - 税理士(2014/07/10 07:00)

相手に届いていた、という勘違い 高橋 昌也 - 税理士(2014/07/09 07:00)

味方につける広報 高橋 昌也 - 税理士(2016/06/26 07:00)

内部広報 高橋 昌也 - 税理士(2016/06/25 07:00)