身内だから知っていてくれるだろう、という甘え - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

身内だから知っていてくれるだろう、という甘え

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 経営実践

おはようございます、今日は指笛の日です。
…できません。

広報についてお話を進めています。
内部広報の実例として、市民イベントを取り上げています。

私のように合唱連盟の組織で働いている身からすれば

・毎年のように開催して
・総会でも報告しているのだから
・連盟に関わる色々な団体の人は当然に第九のことを知っているだろう

という甘えににた認識を持っていました。
ところが、実際にはそんなことはまったくなく。
これくらい言っていれば皆わかっているだろう、というのは単なる勘違いでしかなかったのだなぁ、と。


例えば第九のことを広く知って頂くということを考えた場合

・外への知らせる努力

にばかり気が行っていたように思います。
ところが実際には、自分たちが関わっている組織内部に対しても同じような努力が必要だったようです。
内部広報の重要性に気がついた、ひとつの事例です。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

帳面だけでは何も進まず(2016/08/01 07:08)

現状に気が付けるか?(2016/07/31 07:07)

初期仏教や東洋医学(2016/07/28 07:07)

このコラムに類似したコラム

同じ会社の人間 高橋 昌也 - 税理士(2014/07/18 07:00)

相手に届いていた、という勘違い 高橋 昌也 - 税理士(2014/07/09 07:00)

自分たちのやっていることは知られている、という勘違い 高橋 昌也 - 税理士(2014/07/08 07:00)

話題作りの例示:合唱祭 高橋 昌也 - 税理士(2014/06/19 07:00)

行政の方の一言 高橋 昌也 - 税理士(2014/07/29 07:00)