過去の借入金の返済資金は足りているか? - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

過去の借入金の返済資金は足りているか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日はピーターパンの日です。
…あれ?なんだか微妙に話を覚えているようないないような?

借入金を含めた資金繰りについて考えています。
自己資金が獲得できているのかが大切だとここまで確認しました。
実は次の段階である

・過去の借入金の返済資金が間に合っているのか?

というところにも関わってきます。
商売から獲得できる自己資金は、最終的に

・過去の借入金の返済
・税金の支払い

といった用途に使われます。
端的にいうと

・以前の借入金を返して
・利益に対してかかってくる税金も支払って
・自分の生活費も残して

等々、それなりに自己資金が獲得できていないとダメだよ、ということです。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

商売を発展させる必要性があるのか? 高橋 昌也 - 税理士(2013/12/30 07:00)

自分が何にお金を使っているのかわかっているか? 高橋 昌也 - 税理士(2016/10/27 07:00)

事業形態の変更 高橋 昌也 - 税理士(2016/04/12 07:00)

利益、実は相当必要です 高橋 昌也 - 税理士(2016/04/11 07:00)

もちろん、損をしてしまう場合も・・・ 高橋 昌也 - 税理士(2015/12/04 07:00)