会計の目的とは何なのか? - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

会計の目的とは何なのか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、いよいよ師走ですね。
今年は仕事の進捗がとても順調で、あせらずに済みそうです。

会計の処理方法は絶対的な正解などありません。
あくまでも解釈にしか過ぎないのです。

それを象徴的に表しているのが次の一文です。

「企業会計は、適正な利益計算を基本目的としている」

これは税理士試験で勉強する会計学の基礎中の基礎です。
会計学の勉強はここから始まります。

利益の計算を基本目的としている。
ところがここが大変に不可思議なことでして


◯現在の会計学は利益のしっかりとした定義をすることができていない


基本目的とされている利益がどんなものなのか。
実は会計学はその答えを持たないままに出発しています。

その結果、どういうことが起こるでしょうか?

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

弱点から強みを(2016/12/10 07:12)

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

どれくらいの作業を頼みますか? 高橋 昌也 - 税理士(2011/01/02 05:41)

帳面を積極的に使う 高橋 昌也 - 税理士(2010/12/26 07:22)

黒字企業と赤字企業 高橋 昌也 - 税理士(2016/02/17 07:00)

税制の変更について 高橋 昌也 - 税理士(2016/02/07 07:00)

形にするのは簡単・・・なのですが 高橋 昌也 - 税理士(2016/02/04 07:00)