社長さんは自分がいくら儲かったのか知りたい - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社長さんは自分がいくら儲かったのか知りたい

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日はインドの独立記念日です。
国家間のお話というのは、本当にここ数十年で色々と起こっているのですね。

売上について書いています。
売上の理解を深めるために、まず利益について考えています。
なぜ企業会計は利益計算をそんなに重視するのでしょうか?


まず、自分が商売をしている社長さんだと思ってください。
だとして、帳面にはどんな情報を求めるでしょうか?
例えば

・売上がどれくらいあったのか知りたい
・在庫がどんなもんか
・毎月電気代ってどんなもんだったっけ?


色々とあるかと思います。
でも、これらの話が最終的にどこにいきつくかといえば


「で、私はいくら儲かったんだろう?」


やはりこれではないでしょうか?
商売をしている人間として、ここは当然に気にしなければならない数字です。
ですので、利益というのは


・商売をやっている当人や内部関係者も気になる数字


だということが確認できました。


次に外部関係者を考えてみます。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)

判断をしないことの重要性(2016/11/28 07:11)

このコラムに類似したコラム

なぜ利益が重要な数字なのか確認する 高橋 昌也 - 税理士(2013/08/14 07:00)

在庫を正確に計上しておく必要性 高橋 昌也 - 税理士(2012/02/20 01:00)

棚卸資産回転期間 高橋 昌也 - 税理士(2011/12/21 01:00)

帳面を読むとは 高橋 昌也 - 税理士(2011/11/02 06:00)

例示:商品の仕入れについて 高橋 昌也 - 税理士(2011/03/04 09:26)