「世界の運用資産額62兆ドルに!」 - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「世界の運用資産額62兆ドルに!」

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
資産運用

こんにちは!

さて、先日アメリカの大手コンサルティング会社であるボストンコンサルティンググループが、2012年の機関投資家や個人が運用会社に預けた資産総額をまとめたところ、前年比9%増加して“62兆ドル(約6200兆円)”になったと発表しました。

これは、世界のGDP(国内総生産)が、およそ72兆ドルであることから考えると、かなり大きな数値と言えます。

日本のGDPの10倍以上です。

地域別にみると、北米が30兆ドル、欧州が18兆ドル、日本・豪で6兆ドル、アジア3.8兆ドル、南米1.5兆ドルとなっています。

金額では、先進国がまだまだ大きいですが、伸び率では、先進国が8%程度の伸びに対して、アジアが前年比17%増、南米は14%増と2ケタの伸びとなっています。

また、運用手法別では、伝統的なスタイルである「アクティブ運用」が約5割の31兆ドルを占めていますが、伸び率では「インデックス(パッシブ)運用」が8兆ドルと、4年前の倍近い伸びを示しています。

その他、最近の傾向としては、ヘッジファンドをはじめとする「オルタナティブ運用」が約6兆ドルを占めるまでになっているのが、特徴といえます。 世界中にあふれ出している“マネー”は、年々増加し、その運用スタイルも多様化しています。

「資金量」が増え、「運用手法」が多様化することにより、ますます“マネー”の動きは速くなり、“ボラティリティ(価格変動)”は、高まっていく傾向にあります。

従って、バイアスをかけた偏った運用では、「勝ち続けること」は非常に難しい状況となっているのです。

個人投資家の基本は、やはり、投資対象(アセット)にしろ、通貨にしろ、運用手法にしろ、「分散」することが、ますます重要になってきたと言えるでしょう。

それでは、今週も平和な週末となりますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「資産運用」のコラム

「FX取引 5524兆円に!」(2016/05/20 12:05)

このコラムに類似したコラム

これから投資を始めたい人への最初のアドバイス 平野 直子 - ファイナンシャルプランナー(2013/04/27 06:00)

マイファンドレポート7月速報版を掲載、当月は-1.9%でした。 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/08/16 10:00)

月々2万円で資産を作る方法とは?その1   by 投資スクー… 青柳 仁子 - ファイナンシャルプランナー(2012/03/23 12:02)

オルタナティブ投資 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2011/06/09 23:00)

市場 対 教授 相場が悩むわけ 大山 充 - シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(2016/04/04 16:23)