股関節を柔らかくすればダウンスイング~インパクトの体重移動は簡単です! - 各種のヨガ・ピラティスレッスン - 専門家プロファイル

太田 律子
ゴルコア 代表 ゴルフピラティスインストラクター
東京都
ゴルフピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

股関節を柔らかくすればダウンスイング~インパクトの体重移動は簡単です!

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. 各種のヨガ・ピラティスレッスン
ゴルフピラティス

こんにちは。ゴルコア代表/ゴルフピラティスインストラクターの太田です。

 

昨日はトッププロの強さの秘訣は足首の柔軟性がポイントとお伝えしました。

今日はさらに、足首の柔軟性が土台となり、さらにトップからインパクトにかけての体重移動がスムースにいくようにするために、股関節の柔軟性を高めるエクササイズをご紹介したいと思います。

足首だけが柔らかくても、ちょっとパワー不足。

 

ということで、今日は股関節の柔軟性を高めるためのエクササイズをご紹介させていただきます、

 

レッグサークル

1.仰向けに寝て右膝を立てます。左足はまっすぐ伸ばし、つま先と頭で引っ張り合います。つまさきにセラバンドまたはバスタオルを縦に四つ折りにしたものをひっかけ、右手で持ちます。右肘は床につけて安定させておきます。

2.息を吸って右足を天井に伸ばします。左骨盤は床に安定させておきましょう。

3.息を吸って股関節から内側にゆっくりまわしていきましょう。天井に左右対称なきれいな円を描いていきます。この時に左の腰骨が床から離れないように気をつけます。

股関節を回していますが、おなかもしっかり使いましょう。お腹が抜けないようにお腹を背中の方に引き込み、腹圧をかけておきます。骨盤~上半身はリラックス。

4.内回し5回、外回し5回行ったら、左足も同様に行いましょう。

伸ばしている脚は少し内ねじりをかけてあげておくと、安定します。

円は小さくてOKです。左右の大きさがいびつにならないように同じ大きさで描けるようにコントロールしていきます。

 

股関節の可動範囲が広がると、体重移動がスムースになり、その結果飛距離アっプにもつながります。

 

お腹もしっかり使うエクササイズです。股関節周りのつまりもなくなりますので、お勧めエクササイズです。

 

コラムに関するお問合せその他全て、下記までお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴルフピラティススタジオ「Golcore(ゴルコア)」

場所:東京都港区芝大門1-4-7アルファビル602

都営浅草線・大江戸線大門駅から徒歩2分 JR山手線・京浜東北線浜松町駅から徒歩5分

TEL/FAX:03-6809-2626
お問い合わせ先:info@golcore.com (@は小文字にして入力ください)

Web:http://golcore.com

Blog:ゴルファーのためのカラダづくり『ゴルフピラティス』

このコラムに類似したコラム

ピラティス付ゴルフラウンド【岡部チサンCC】メンタルも同時にトレーニング 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2014/10/20 18:00)

ゴルフピラティスWS 「ドライバーの飛距離アップと安定」 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2014/05/18 21:58)

【月刊ゴルフダイジェスト5月号】「仕事中でも「ながら」でちょいトレ!」-電車編 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2014/03/24 23:01)

二の腕、肩甲骨、体幹、骨盤調整、全て一緒に鍛えられるゴルフピラティスエクササイズ 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2014/03/20 00:12)

ゴルフピラティスワークショップ【飛距離アップ-パワー】その2 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2014/03/18 16:35)