相続税改正の影響 増税額の大きいものは

-

公開日時
2012/04/10 10:28

相続税の基礎控除の引き下げに始まり、大きく6つの改正が予定されています。

財務省が発表した「平成 23 年度の税制改正による増減収見込額(平年度ベース)」によれば、

  (1)相続税の基礎控除の引き下げ +2,355 億円

  (2)死亡保険金に係る非課税制度の見直し +341 億円

  (3)相続税の税率構造の見直し +250 億円

  (4)贈与税の税率構造の緩和  -21 億円

  (5)未成年者控除及び障害者控除の引上げ -31 億円

  (6)相続時精算課税制度の適用要件の見直し -92 億円

  となっております。

相続税の基礎控除の引下げの影響が多大であることが分かります。

このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)

大手町会計事務所 代表税理士

資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

今の運用に満足ですか。今の税金の支払に満足ですか。今の相続対策に満足ですか。不安な時代だからこそ、確かな情報と信頼できる相談相手が必要です。運用も節税もすべてオンリーワンのオーダーメイド。土日早朝深夜も対応する身近なパートナー。

この専門家に相談
相続税について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。