基礎が大丈夫か不安です - 新築工事・施工 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

基礎が大丈夫か不安です

住宅・不動産 新築工事・施工 2013/03/13 21:44

着工より前に、隣人との分地の必要から境界の塀だけ作るということで工事を行ったのですが、我が家は土地が道路から80cmほど高いため、その工事のついでに駐車場になる場所の土も削られていました。
そしてその際、道路と家の間に3mぐらいできるはずの庭の部分までがなぜか2m以上削られて道路と同じ高さにされていたのです。基礎を作る予定のところから4~50cmしか土地がないのです。
こんな状態で基礎(べた基礎)を施工し、家を建てて大丈夫なのでしょうか?

以前、家のすぐ前(道路との間)に駐車場を作りたいと言った時、メーカー側は、土地が高いので1mは離さないと前に来る塀に圧がかかって危険だと言ったのですが、今の4、50cmで大丈夫なのか質問したところ、べた基礎で家の重さは均等にかかるから大丈夫だとの言うのです。それも、予定通り家の前の塀は家が完成してから作るとのことで、それまで削られた状態で大丈夫だというのです(基礎を深基礎にするわけではありません)

素人の私達には、どうしても言ってることが矛盾しているように思え、不安でなりません。実は、駐車場や階段位置を何回か変えた経緯があり、その途中で外周工事が行われたので、間違えて以前の図面の駐車場の位置(家の位置は今より1mぐらい後ろ)で掘ってしまったのではなかと思うのです。その時は、今は外周だけなので外構は後で決めればいいと言われていました。

メーカー側は家の近くまで掘った理由を、配管の関係で近くまで掘る必要があったとか言っていますが、水回りとかは全くないリビングの前です。実際、そんなに近くまで削らないとできないものでしょうか?近所で新築が建築中ですが、明らかに家の前は1m以上あります。

こんな状態で家を建て始めて大丈夫でしょうか?将来微妙に家が傾いてくる可能性とかはないのでしょうか?
本当に、不安で不安で、これからどうしたらいいかとても悩んでいます。
わかりにくい説明で申し訳ありませんが、どうぞ、ご意見をお聞かせください。
1、まず家の前に再度土を入れ、圧をかけてしっかり固めてから基礎を作る(塀は 後)
2、まず家の前の塀を作ってから土を入れて圧をかけ、土地を安定させてから基礎を 作る
3、家の位置を掘ってあるところから1m以上後ろにずらして基礎を作る。(今更埋 めても危ない)
4、そのまま作って問題ない。
5.その他

takutomaさん ( 三重県 / 女性 / 37歳 )

回答:2件

竹内 隼人 専門家

竹内 隼人
建築プロデューサー

- good

基礎工事について

2013/03/13 23:00 詳細リンク
(5.0)

takutomaさん

こんばんわ。
東京の設計事務所ハウジングアーキテクト竹内と申します。
ご質問内容拝見いたしました。

簡単にまとめますと、
道路より80センチ高い場所を、建築物の地盤面と設定してあり
業者が掘削の際に、建物の付近まで80センチ下げて掘ってしまったので
このまま基礎工事を継続して問題ないか?
との内容でよかったでしょうか。

結論からいいますと、40から50センチでもあるのであれば
継続して基礎工事を行ってもいいように思えます。
実際の状況を、拝見できないので確かではありませんが

まず1については、埋め戻しをするなれば、それ相当に転圧が必要ですが、
土留め塀がない以上転圧しても意味をなさない。

2については、上記の内容と重複しますが、それ相当の転圧が必要です。
やるならば、まずは底地をしっかりと転圧して、30センチごとに
転圧作業を行う。

3については、着工前であればまずは計画変更の手続きが必要に
なるかと思います。
配置移動による行為は、計画変更の対象になりますので
とりあえず工事を一時保留にして業者と協議されたほうが良いです。

いずれにせよ、地盤について心配であれば一時保留にしても
納得のいってから進めた方がいいと思います。


変更した経緯がありながらも、業者のミスで間違えた内容があるならば
そこに関しては追及した方がいいでしょう。

基礎の位置まで掘削してしまったが、埋め戻しせずに
深基礎でなく、一般的な基礎をしてしまった場合は考える部分がありますが
記載内容から考えると基本的には問題なしと思えます。


ハウジングアーキテクト
竹内隼人
http://www.housing-architect.biz/

地盤
工事
建築
基礎
設計

評価・お礼

takutomaさん

2013/03/14 10:03

早速のご回答ありがとうございます。

不安な部分がいろいろあるので納得いくまで調べてみようと思います。
メーカー側のミスのような気がしてならないのですが、決して認める
感じではありません。
事を大きくして今後の関係を悪くしたくない気持ちもありますが、基礎という一番大事なところなので、主張するとことはしっかり主張していこうと思います。
わかりにくい文章をご理解いただき、ありがとうございました。

回答専門家

竹内 隼人
竹内 隼人
(東京都 / 建築プロデューサー)
株式会社ハウジングアーキテクト 建築プロデューサー
042-455-6531
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「私の家づくり」を実現させる身近な設計者

「私の家はこんな風がいい!」「私の家はこうがいい!」と漠然なイメージをお持ちでないですか?「私の家づくり」を私たちに実現させるお手伝いをさせて下さい。お客様の身近な存在であり、接しやすく分かりやすくご提案をさせていただきます。

竹内 隼人が提供する商品・サービス

対面相談

無料プランニング 相談お受けいたします。

初めての間取り相談・進行中の間取りに対するアドバイスなどお気軽にご相談下さい

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
杉田 征陽

杉田 征陽
建築家

- good

基礎について

2013/03/14 04:20 詳細リンク
(5.0)

takutoma 様

ご質問を拝見いたしました
杉田と申しますよろしくお願い致します
遅くなりました

法的にも基礎は主要構造部なので、安易な判断は危険です

ご質問を拝読させて頂いて、地盤改良工事が無いという
前提です、また80センチ下の地盤面に十分な地耐力が期待できる
と仮定して、私の意見を書かせていただきます
離れの4~50センチの長さ(幅)も数センチではないですよね?

深基礎が必要です


ご質問の
1.土を入れて、重機などで固めても短期間では意味が有りません
地耐力は出ません(数年ならば??)
2.同じように短期間では地耐力が出ません、ブロックも壊れるかも知れません
3.敷地の有効活用はご検討されましたでしょうか、無駄になりませんか?
4.そのままではダメです

ベタ基礎だから、鉛直の等分布荷重のみという考え方には疑問を感じます
若い設計マンですか?
地盤改良して基礎を作り、土留めブロックを作り、土を入れる
ならば十分理解出来ます

またtakutoma様に説明が無く、お庭が小さくなっている??
配置計画図の説明が有りましたか、不信感を抱いても全く不思議では
有りません
1度基礎工事を止めて、役所の建築課や三重県建築士会などにご相談されては如何でしょうか
takutoma様やご主人様が十分ご納得されてから工事を再開されても遅くありません

差支えなければ配置図(FAX)拝見させて頂けませんか?個人情報は必ず守ります
ご安心下さい、勿論費用など不要です
ご検討して下さい

補足

他の回答者様と違う意見になってしまいました
混乱していませんか
深基礎の費用ですが、うんぬん言うならば
親水セラにしましょうか?おつりがくるかも
知れません

質問
相談
計画
構造

評価・お礼

takutomaさん

2013/03/14 09:55

質問、見つけていただいてありがとうございます。
私の書き方が悪かったので、少し追加いたします。

地盤ですが、地盤改良はしてあり、加圧をして80cmの状態になっていました。
駐車場や家の前の部分は先に掘って、家が完成後外構としてブロック塀(土留め兼ねている)
を作り、それから隙間部分に土を入れ、再度加圧するとのことでした。

ただ、せっかくきちんと地盤整理できているものを、配管のためにそんなに削る
ものでしょうか??(近所にある数件の現在建築中の家は、そんなに近くまで掘ってないように見えます)仮に間違えて掘ったとしても、メーカーはきっと認めないですよね。
非を認めて深基礎にしてもらえるのが一番安心なのですが・・・

まだ図決の判を押してないので、基礎工事は始まりませんが、納得するまでしっかり確認
しなければと思っています。外周工事だけ先にすると聞いていたのに、着工前に問題浮上で
気分の滅入る毎日です。
(外周のブロック塀も施工後たった2週間で白華現象がひどく、住みたくないと思えるような状態なのです)

ファックスの件ですが、ご迷惑でなければ是非お願いしたいです。
配置計画図というのが(まだ?)ないのですが、図決決定用の平面図(庭含む)でも
よろしいでしょうか?

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

リビング・ダイニングの明るさについて ももこさんさん  2012-05-14 14:49 回答1件
新築相談 じばにゃんさん  2014-06-10 00:26 回答1件
採光について悩んでいます ウッドさん  2013-02-22 15:34 回答1件
新築の日当たりが心配 このはさん  2015-05-21 14:54 回答1件
一階に二つの個室の取り方 poiさん  2014-09-17 15:14 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

産地直送の国産木による高耐震工法

天然乾燥の地域木材で耐震等級3がとれる木材を産地直送で使用

小松原 敬

一級建築士事務所 オフィス・アースワークス

小松原 敬

(建築家)

メール相談

建築家による土地活用の提案 【都市型住宅】

生活の豊かさは、すまいの広さできまりません。

岩間 隆司

株式会社ソキウス

岩間 隆司

(建築家)

その他サービス

新築一戸建て内覧会同行検査 インスペクション

新築一戸建ての契約前の内覧会に同行して不具合の有無を検査します。

堀 紳一朗

忘蹄庵一級建築士事務所

堀 紳一朗

(一級建築士)