まずはお金を分けるところから始めましょう - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

2 good

まずはお金を分けるところから始めましょう

2010/07/06 18:01
(
4.0
)

kujakuさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

突然のご不幸、ご愁傷様です。
ご主人のご冥福お祈り申し上げます。

さて、ご質問の件ですが、運用を開始する前にまずやるべきことがあります。
それはいついくらのお金が必要となるか、それを割り出すことです。

お子さんの教育資金として何年後にいくら必要か?
遺族年金とパート収入で生活が成り立つのか、不足する場合は取り崩しがいくら発生するか?
上のお子さんが18歳高校を卒業するまでの間と、それ以後下のお子さんが高校を卒業するまでの間、そしてそれ以降では遺族年金の額も異なります。

そのような収入と支出を考えて取り崩し額を割り出しましょう。

なぜなら、運用できる期間によって選択できる商品が異なるからです。

1)5年以内に必要なものは元本保証
2)5~10年で使う予定のお金は安定運用
3)10年以上先に必要なお金はある程度リスクを取って運用する

6000万円を1,2,3に分けるところから始めましょう。

銀行ではとりあえず、5年10年の保険にということですが、保険だと短期で解約すると元本割れしますし、老後資金にあてる分まで利回りのよくない保険にする必要はありません。

ご主人の残された大切なお金ですから、運用を急がず、じっくりと将来設計を立ててみてから運用をしましょう。
できれば、kujakuさんの立場に立って一緒に将来設計を考えてくれるような独立系FPにご相談することをお勧めします。

設計
運用
遺族年金
教育資金

評価・お礼

kujaku さん

早速お返事ありがとうございました。
運用できる期間による分け方もあるのですね。勉強になります。
銀行ですすめられる保健ですが、今の預金の金利に比べると幾分ましというだけで、10年もそこへ資金を置いておくのが得策という気にはどうもなれなくて、考えているところです。
老後資金に充てるものについては、少しリスクをとっても運用を考えたほうがよいようですね。
ありがとうございました。

(現在のポイント:3pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

6000万円の資産運用について

マネー 家計・ライフプラン 2010/07/06 16:40

46歳パート勤務の主婦です。夫が急死し、6000万円を相続しました。これは子ども二人の教育費と私の老後資金に充てたいと思います。
とりあえず銀行へ分散して貯金したところ、どの銀行でも「低金… [続きを読む]

kujakuさん (兵庫県/46歳/女性)

このQ&Aの回答

目的にかなった運用を 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2010/07/06 18:15
とりあえず資産は流動的な状態にしておいた方が良いと思います 菊池 洋光(保険アドバイザー) 2010/07/06 18:45
御自身はどのようにお考えですか? 堀池 泰(保険アドバイザー) 2010/07/07 01:55
6000万円の資産運用について 寺岡 孝(建築プロデューサー) 2010/07/07 02:24
6,000万円の資産運用について 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2010/07/08 08:54
攻めと守りの分散投資がよいのでは?! 小向 裕(不動産コンサルタント) 2010/07/06 17:50
目的別の運用をしましょう。 吉野 裕一(ファイナンシャルプランナー) 2010/07/06 18:29
元本確保型 小林 治行(ファイナンシャルプランナー) 2010/07/06 19:10
安全性重視なら保険以外に 前野 稔(ファイナンシャルプランナー) 2010/07/06 23:28

このQ&Aに類似したQ&A

相続財産の運用 gojigojiさん  2006-11-23 11:15 回答5件
保険の見直しと住宅、教育、老後の資金 こりんりんさん  2012-06-06 10:32 回答2件
子沢山の資産運用 esuchaさん  2010-09-05 21:28 回答5件
家計診断をお願いします ラテコさん  2015-12-07 13:18 回答3件
老後の資金 終身保険か貯金か マリー2009さん  2009-09-03 16:55 回答7件