オー・ボン・ヴュー・タンのガトー・ピレネー - 料理教室 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

オー・ボン・ヴュー・タンのガトー・ピレネー

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室


オー・ボン・ヴュー・タンのガトー・ピレネー

お裾分けに頂きました。
長い間、食べてみたいと思い続けていたお菓子です。
もう20年近くも前、河田シェフの本「フランス伝統菓子(中央公論社)1993年刊行」にそのレシピと作り方が載っていて、何度も何度も夢見心地で眺めたものでした。

バウムクーヘンと同じような作り方で、火にかざした串に生地を回しかけながら焼くとあります。
先日ロデヴに行ったときも見かけましたが、ピレネー地方(フランスとスペインの国境あたり)の地方菓子です。

ぱっと見るとまるでドイツのバウムクーヘンのようですが、食べてみると、全然違う味わい!
オレンジが心地よく香ります。

日本で思うバウムクーヘンのふんわりしっとりのお菓子ではまったくありません。少しがっしりめ。
ぱさっとしているようで、食べすすめるにつれしっとりした食感です(レシピを見ると、卵黄がかなり多いめの配合。黄色っぽいのもやはり卵黄由来のよう)。
素朴ながら、少し食べるとまた次の一切れに手をのばしたくなります。
とても味わい深いお菓子でした。20年振りの願いが叶ったような、うれしい気持ちです。






このコラムに類似したコラム

「今月のフランス焼き菓子」記事はバカンスのお菓子 塚本 有紀 - 料理講師(2013/08/15 23:08)

ワサブローさんのシャンソンを聞きに京都へ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/05/22 19:40)

4月の製菓基礎講座にて 塚本 有紀 - 料理講師(2013/04/28 22:03)

シャンパンのソースで 10月の料理連続講座にて 塚本 有紀 - 料理講師(2012/10/13 23:53)