必見 年末が大事 - 各種の新規事業・事業拡大 - 専門家プロファイル

株式会社CSプランナー 代表取締役
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

早いところでは、今日で年末の挨拶まわりを終えて、明日で年末最後の営業日というところもあることでしょう。


明日、中には、午前中に大掃除を終えて、午後には経営者様、各部署長の訓示で終えるところもおおいでしょう。


私の管理職時代は、年末には、必ず「今年の振り返り、来年の抱負シート」を各自に作成してもらい、大掃除が終った全体会議で、全員に発表してもらっていました。


理由は、新年スタートダッシュができるようにするためです。


新年スタートの1週間は、挨拶回りで仕事になっていないところが多いです。


そうではないところでも、成人の日が終るまで、仕事にならないところが、多々、見られます。


ここで、業績の差が大きくできます。


来年のカレンダーを見てみて下さい。


12/28、29、30、31、1/1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、11、12、13、⑭←成人の日


こんなスケジュールになっています。


なんと18連休、ゴールデンウィークなんて比ではありません。


カレンダー上では、休みが長い大手でも、多くが7日の月曜日が初出勤日のはずです。


それだけでも長いのに、年明けに出勤してから動いていては手遅れです。


また、今年の振り返りをせず、新しい年を迎えても、効果のある活動は期待できません。


だから、年末に「今年の振り返り、新年の抱負シート」を作成し、新年の誓いを各自に実施、発表して終えることをオススメします。





難しい内容を考えることは必要ではありません。弊社ホームページにモデルフォームを掲載しました。参照にして下さい。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(経営コンサルタント)
株式会社CSプランナー 代表取締役

キキダスことで平凡な営業がトップセールスに変わります。

学生時代、成績劣等生が、できない悔しさを知っています。誰のができる面白く営業するを実践し、25年間、業績の前年割れを経験したことがありません。常に新しいこと(客、商品)に2割の力を入れることで業績を上げ続けることができます。

このコラムに類似したコラム

オープン・イノベーションによる事業化成功の秘訣-3 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2017/01/21 12:30)

売れる仕組み(業績アップ)の基本 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/05/24 10:36)

業績を伸ばすには、新商品開発か新規客を増やすしかない! 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/04/05 08:38)

2040年、全都道府県で人口減少に備えた社会の体制変更。 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/03/29 17:25)