フランスのおみやげ バノンチーズ - 料理教室 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
塚本 有紀
(料理講師)
笠井 奈津子
(料理講師)

閲覧数順 2017年11月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

フランスのおみやげ バノンチーズ

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室


バノン AOP

バノンをお土産にいただきました。
バノンは栗の葉っぱで包まれた山羊乳のチーズです。プロヴァンス地方のバノンという村の産で、AOP(原産地名称保護)が付いています。「プロヴァンスの星」なんて、キャッチコピーも付けられています。

じつは先月の料理講座で、私はうっかりと偽物のバノンを出してしまったのです。
栗の葉っぱで包まれたチーズに、日本語でバノンと書かれたシールが貼られていたので、よく確認もせず、
「わあ、バノンだ!」
と飛びついてしまったのです。
みなさんにお出しする段階で、包装をめくり、フランス語のシールが出てきてびっくり。
そこには別の名前が書かれ、産地はプロバンスでもない、創作の別物。
どうやら栗の葉っぱで包まれているというだけで、(故意なのかそうでないのか不明ですが)日本の業者によって勝手にバノンなんていう名前が冠されていた模様。
バノンは地名であり、チーズの名前であり、AOPのついた正式な産物ですから、別のチーズに名前を拝借するのは本当はいけないはずです。
授業ではその旨みなさんにお伝えし、ただチーズそのものには罪はない(フランスでバノンを名乗っているわけでないので)ことを話し、私は一人ぷりぷりと怒っていました。もちろんうっかりと騙された自分にも、です。
そしてこのすぐ後、フランス旅行に出かけられたとある生徒さんが、ならばと本物を買ってきてくださったのです。





ラフィアの紐をはずし、ペリペリと栗の葉を順番にはがすと、本物のバノンがでてきました。
じつにまろやかで上品な山羊乳のチーズでした。茶色い栗の葉っぱがやっぱりバノンには似合います。
タイムリーで素敵な贈り物でした!

このコラムに類似したコラム

振って飲むオランジーナ!? 塚本 有紀 - 料理講師(2013/08/27 23:00)

チョコレートタルト講座 辻ウェルネスクッキングにて 塚本 有紀 - 料理講師(2013/12/05 01:11)

11月の料理連続講座にて 塚本 有紀 - 料理講師(2013/11/19 23:21)

アル・ポンピエレにて 塚本 有紀 - 料理講師(2013/11/15 22:33)

ご用意したフロマージュは、本家本元! 宮代 眞弓 - 料理講師(2013/10/28 09:44)