カフェ・ビグデンへ - 西洋料理 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
水島 弘史
水島 弘史
(料理講師)
塚本 有紀
(料理講師)
千葉 真奈
(料理講師)

閲覧数順 2017年02月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

カフェ・ビグデンへ

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 西洋料理
フランス料理


心斎橋の「カフェ・ビグデン」へ
大阪市中央区南船場4-8-1
http://www.facebook.com/CafeBIGOUDENE

経営者はフランス人の兄弟と、お兄さんの奥様。ガレット(そば粉のクレープ)がおいしいお店で、とても可愛らしい設えです。
まずはコンプレットcompleteを頼んでみました。コンプレットとはフランス語で「完全な」という意味です。
ガレットでコンプレットといえば、「ハム、卵、チーズ」の組み合わせのこと。やはり何はさておき、これを頼まねばなりません。
もちろん、間違いのないおいしさ。
他にも食べてみたいものがいろいろです。バスク風もおいしそうだし、カルヴァドスでフランベしたりんごとカマンベールとか、フォレスティエール(きのこいっぱい)もよさそう。
組み合わせもとてもフランス的です。
いっぱい種類があり、食べたいのですが、私は1枚で十分です。
(でも本式には前菜のガレット、主菜のガレット、そしてデザートに小麦粉で焼いたクレープを食べるのが本当)

店名のビグデンという聞き慣れない単語は、ブルターニュ地方の一地域のことだそう。カンペール焼きで有名なカンペールの町の南西に位置するようです。
カンペール焼きに描かれる、特徴的なレース帽の女性のことがビグデンヌだと教わりました。


あっさりしたテリーヌもとてもおいしかったです。

このコラムに類似したコラム

トロピカルとエキゾチックのその後  塚本 有紀 - 料理講師(2013/08/26 22:52)

ロデヴを求めて モンペリエ郊外のパン屋さん 塚本 有紀 - 料理講師(2012/05/18 00:40)

ポトフのポとは? 2月の料理基礎講座にて 塚本 有紀 - 料理講師(2012/02/23 00:12)

クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワのこと 塚本 有紀 - 料理講師(2010/09/05 00:00)

チョコレートタルト講座 辻ウェルネスクッキングにて 塚本 有紀 - 料理講師(2013/12/05 01:11)