日本直販が民事再生法申請 - 各種の新規事業・事業拡大 - 専門家プロファイル

株式会社CSプランナー 代表取締役
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日本直販が民事再生法申請

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 各種の新規事業・事業拡大

今日も、皆さんに、よく知られている会社の倒産のニュースが流れました。


その名前は、「日本直販」です。


負債総額174億円だそうです。


「高枝バサミ」「健康器具」「布団収納袋」など、テレビでおなじみの会社です。


残念ながら、一昔前のスタイルのコマーシャルを、えんえんと今も続けていたという印象です。


今は、インターネットが普及し、ネットで買いえる時代です。


テレビコマーシャルで見て、欲しければネットで同じモノを探し、価格比較する時代です。


欲しいといって、衝動的に購入する人は激減しているのではないでしょうか。


逆に、多くの顧客層は、衝動買いをして失敗した経験を持っている人が多いのではないでしょうか。


そういった目で、日本直販が扱った商品は、「すぐに欲しい。」「ここだけでしか買えない。」というものが少なかったように記憶しています。


今の消費者は、賢くなっています。


欲しいものを扱っている店をインターネットで探し、実際の店でモノを確認します。


すぐ買う人もいるでしょうが、もう一度、インターネットで型式を入力して、価格の安いネットショップを探して買うというぐらい慎重です。


こういう賢い消費者を相手にしているという時代を読めなかったということでしょうか。






販売の仕方、営業戦略のご相談は、弊社までお気軽にご連絡下さい。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(経営コンサルタント)
株式会社CSプランナー 代表取締役

キキダスことで平凡な営業がトップセールスに変わります。

学生時代、成績劣等生が、できない悔しさを知っています。誰のができる面白く営業するを実践し、25年間、業績の前年割れを経験したことがありません。常に新しいこと(客、商品)に2割の力を入れることで業績を上げ続けることができます。

このコラムに類似したコラム

これからの時代、守りより攻め! 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/02/05 11:18)

市場(想定客層)が明確になって、初めて販路が決まる。 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/05/11 14:19)

日経記事;『日立、2事業売却へ 日立工機など1000億円超』に関する考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2016/10/05 12:11)