営業は確率の仕事 - 各種の新規事業・事業拡大 - 専門家プロファイル

株式会社CSプランナー 代表取締役
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新規事業・事業拡大

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「営業は確率の仕事」というのは、分かっていることだと思います。


数打てば当たる、量より質、質より量、という言葉は、営業なら誰もが口や耳にしたことのある言葉でしょう。


しかし、この言葉は、営業員が、都合の悪い時に使われることが多いです。


営業の業績が悪くなると、幹部様は、「もっと訪問しろ。」となり、


それに対して、営業は「量より質だ。」と返す。


すると、幹部様が「質を追求しても直ぐには改善できるものではない。だから、まずは量だ。」と。


多くの営業の現場で使われているこの言葉は、どちらも、正解であり、不正解でもあります。


なぜなら、客観的な裏づけのないやり取りに終始しているからです。


まず、当り前のことですが、見込み客がなければ売れないのは、当然です。


見込み客は何件あるのでしょう。


次に、見込み客の何件に提案したのでしょう。


何件に提案して、何件の具体的な反応があったのでしょう。


具体的な反応を頂けたお客様は、どこを評価して頂けたのでしょう。


逆に、全く評価して頂けなかったお客様の断わり理由は、何だったのでしょう。


提案内容は、的確だったのでしょうか。


何件に提案して、何件、断わられたのでしょう。


具体的に反応して頂けたお客様と、断わられたお客様の違いは何だったのですか。


では、具体的に反応頂いたお客様と同じ層のお客様は、見込み客の中に何件あるのですか。


断わり理由をもらったお客様は、どんな提案をしても良い反応はもらえそうもないのですか。


これらを、客観的に言えるほど、お客様に当たったのですか。


これが、「質より量」「量より質」の答えです。


少なくても、「数打てば当たる」は通用しません。





「業績は、個人の資質より営業システムで上げ続けることができます。」
営業システムについてのご相談は、お気軽に弊社までご連絡下さい。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(経営コンサルタント)
株式会社CSプランナー 代表取締役

キキダスことで平凡な営業がトップセールスに変わります。

学生時代、成績劣等生が、できない悔しさを知っています。誰のができる面白く営業するを実践し、25年間、業績の前年割れを経験したことがありません。常に新しいこと(客、商品)に2割の力を入れることで業績を上げ続けることができます。

このコラムに類似したコラム

良いのは、当たり前。(目の前の)お客様にとって、どこが良いのか。 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/12/17 18:52)

経営者様必見 営業革命 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/11/15 09:58)

営業の基本 約束をしよう。そして必ず、実行しよう。 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/05/08 20:01)

話す相手によって、話し方を使い分けない。 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/02/02 12:16)

目標の設定の仕方 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/02/02 11:03)