インフレどころか、外食、小売りの値下げが始まった - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

森 大志
森大志税理士事務所 
東京都
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

インフレどころか、外食、小売りの値下げが始まった

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般

今日の日本経済新聞の記事は、「外食・小売り値下げ」。


外食チェーンや小売りで、値下げが加速してきたと
言うもの。


先日、日本マクドナルドが、既存店売上高を減らし、
不採算店を閉店するニュースを聞いた。


今日は、回転ずし大手のカッパ・クリエイトホール
ディングス、長崎ちゃんぽんのリンガーハット、築
地銀だこのホットランドなどが、過去に値上げをし
たにもかかわらず、値下げする内容。


西友、ダイエー、イオン、そしてユニーなどの大手
スーパーも値下げしている。


決して、原材料価格が下がっているから値下げする
のではない。


逆に、原材料価格が上がっているので値上げをした
のに、売上が落ち込み値下げに追い込まれたのだ。


何回もこのブログで書いているが、収入が伸びない
中、社会保険料等の負担が増え、これから消費税が
上がる。


これで、一気に消費が冷え込んだ。


中国などの新興国の景気低迷も輸出に影響している。


経済指標を見ても、リーマンショック以来の数字と
言われるが、リーマンショック時ほど、危機感がな
い。


来年は、アメリカが財政の崖と言われるが、日本も
同様かもしれない。


何か対策を取ろうとしても、財源がない。


いま、中小企業の資金繰り対策をしないと、これか
ら中小企業の倒産が急増するのではないか。


今は、中小企業金融円滑化法のおかげで倒産が少ない。


しかし、来年の3月で終了するのは決まっている。


どのようにソフトランディングさせるのかが、
見えない。


中小企業の悲鳴が聞こえます。


日本の再生のためにみんなで考えましょう。


私は、日本の復活を信じています。


この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。


そのためにみんなで知恵を出しましょう。


「がんばれ日本」


日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!


このコラムに類似したコラム