債権譲渡 - 住宅・不動産トラブル全般 - 専門家プロファイル

木原 洋一
株式会社ライビックス住販 代表取締役社長
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
森田 芳則
(不動産コンサルタント)
木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)
木原 洋一
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2017年07月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

債権譲渡とは?
債券有する者が債務者に対する債券を
第三者へ譲り渡すことを言います。
この債権は本来、譲渡禁止の特約がない限り
自由に譲渡できます。

住宅ローン破綻すると
銀行や住宅ローン信用保証などは
任意売却での処理にしろ、競売での執行にしろ
残る債務については最終的には債権譲渡します。

その譲渡先は金融債権であれば
弁護士の法律事務所や債権回収(サービサー)など
以外には譲渡できません。
ですから、
住宅ローン破綻ごの債券回収は
弁護士の法律事務所や債権回収(サービサー)などから
取立ての通知が届くことになるのです。

住宅ローン債券の流れは
銀行→住宅ローン信用保証→法律事務所や債権回収(サービサー)
となるのです。
もともと銀行から借りたつもりでも
最終的には弁護士の法律事務所や債権回収(サービサー)などから
の請求になるのです。


このコラムに類似したコラム

任意売却はどうして無料でできるのですか? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/04/04 07:36)

任意売却すると債務が帳消しに? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/01/31 06:13)

住宅ローンの「無理」な支払い 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/11/19 13:41)

このままでは競売になってしまいます。 どうしたらいいでしょうか? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/04/27 10:42)

有担保つきの債権譲渡は債務免除のチャンス 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/04/10 14:11)