住宅金融支援機構の『家賃返済特約付きフラット35』 - 住宅・不動産トラブル全般 - 専門家プロファイル

木原 洋一
株式会社ライビックス住販 代表取締役社長
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

森田 芳則
森田 芳則
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2017年10月16日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅金融支援機構の『家賃返済特約付きフラット35』

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 住宅・不動産トラブル全般
任意売却

住宅金融支援機構のローン商品に
家賃返済特悪付き「フラット35」
という商品があります。

この商品の特徴は、
将来住宅ローンの返済が困難になった時
住宅を借り上げてくれる機関との特約がついて、
その借り上げしてくれている機関が
ローン借入者に代わって
賃借人からの賃料の支払いの有無にかかわらず、
住宅金融支援機構に賃料を
ローン返済として支払ってくれます。
その結果、
ローン借入者はその足りない分の差額さえ支払えれば
住宅ローン破綻せずに済むという画期的な?商品です。

果たして画期的な?商品でしょうか?

毎月の家賃の逆ザヤ分を負担しながら
自分で住むわけでもない住宅のローンを
一生払い続けなくてはなりません。
またそのほかに、
毎年の固定資産税や住宅のメンテナンス費用、
マンションにいたっては管理費・修繕積立金など
かかります。

仮に40歳でこの家賃返済特悪付き「フラット35」
の住宅ローンを借りて新築を買ったとしましょう。
そして、
5年目の45歳で失業して支払えなくなたからと
この制度を利用したらどうなるか?

高級使用の分譲住宅は他人に賃貸して
自分は安普請の賃料の安い賃貸住宅に住み、
毎月の逆ザヤ分と固定資産税や住宅のメンテナンス費用、
マンションならさらに
管理費・修繕積立金など支払い続けて、
35年間返済し終わったときには、
築35年のぼろぼろの家が残り、
自分の年齢は75歳になっているのです。
どう考えてもおかしなことになります。
それこそ
”何のための家か?”
”何のためのローンか?”

この家賃返済特悪付き「フラット35」は
恐らく利用する人は少ないと思います。
この商品は貸し出す側のための商品です。
決してお客様のことを思って
つくられた商品ではありません。

かつても住宅金融公庫時代に景気対策として

「ゆとり返済(ステップ償還)ローン」
なる商品で批判を買ったことがあります。
任意売却推進センターには、いまだに
その「ゆとり返済(ステップ償還)ローン」
で苦しんでいる人の相談が後を絶ちません。

「フラット35」に関するまとめ

このコラムに類似したコラム

住宅ローンの「無理」な支払い 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/11/19 13:41)

千葉県市原市のマンションの任意売却の相談 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/09/28 16:05)

定年過ぎて大きくのしかかる住宅ローン 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/07/26 18:02)

千葉県佐倉市の任意売却 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/04/16 06:50)

取り立ての人が訪ねてくると居づらくなる? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/02/23 16:31)