競売も視野に入れた任意売却-2 - 住宅・不動産トラブル全般 - 専門家プロファイル

木原 洋一
株式会社ライビックス住販 代表取締役社長
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
森田 芳則
(不動産コンサルタント)
木原 洋一
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

競売も視野に入れた任意売却-2

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 住宅・不動産トラブル全般
任意売却


昨日、「競売も視野に入れた任意売却」
というテーマを取り上げましたら、
以下のようなメールをいただきました。

「静岡県浜松市に住む者です。
実は静岡県浜松市の地元の不動産会社で
任意売却にして売りに出していましたが、
6
ヶ月経っても買い手が現れず、
競売にされました。
・・・・中略・・・・
わたしとしては、任意売却のほうがいいと
何度も価格を引き下げて、
早く売却して欲しいとお願いしたのですが
住宅金融支援機構が引き下げてくれず、
結局は競売になり売り出していた価格より
半値くらいでの落札となり引越費用も貰えず
追い出されました。
・・・中略・・・
住宅金融支援機構が
こちらの要求を呑んで価格を引き下げてくれれば
もっと高く売れて多く返済が出来たのですから
わたしとしては釈然としません。
このような場合は、
どこに苦情を申し出ればいいのでしょうか?」

------------------------------------------------------------------

※プライバシー保護のため内容は一部変更してあります。


ざっとこのような内容です。
この方の質問に対する答えとしては、
どうしようもない・・・としか言えません。
任意売却である以上は、
債権額を下回った売買ですから
売買価格の決定権は債権者である
住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)に
あるのです。
仮に裁判を起こしても勝ち目はありません。

この静岡県浜松市方の場合は、
確かに競売では半値だったかもしれませんが
あくまで結果論ですし、
仮に価格を12割まで落としたからといって
確実に売却できたかどうかはわかりません。

昨日も申し上げましたように
この静岡県浜松市の方のように
売り出し価格が相場より大きく高い場合は
任意売却することよりも
出来るだけ長く住んでいられるような
対応が望ましいと考えられます。






このコラムに類似したコラム

消費税が上がる前に購入をとお考えの方に耳寄り情報が 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/04/18 06:11)

任意売却は目的ではありません。 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/04/09 06:33)

「不動産鑑定士 不動産に関する行政法規」、その3 村田 英幸 - 弁護士(2013/03/15 07:42)

任意売却の相談は複数の任意売却専門業者へ 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/02/22 06:00)