音楽という魔法にかけられたグレングールド - 性格改善 - 専門家プロファイル

牧野 俊浩
(有)文化センターボックス 代表取締役
埼玉県
音楽家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

斉藤ヒカル
斉藤ヒカル
(潜在意識セラピスト)
斉藤ヒカル
(潜在意識セラピスト)

閲覧数順 2017年08月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

音楽という魔法にかけられたグレングールド

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 性格改善
日々雑感

私はレコーディングが好きだ。

何かすばらしいことが起これば、

それが永遠に続く感じがするし、

何も起こらなければ、理想を実現するチャンスが

もう一回うまれるからだ。


~グレン・グールド(カナダのピアニスト)~

(音楽という魔法:音楽之友社刊より引用)


******************************************************


43年間の歌い手人生で、録音スタジオには何回はいっただろうか。

ある時期、スタジオでのCM録音がメインの仕事だったことがあるから、

純粋な楽曲のレコーディングと合算すると、4000回くらいは、あの金魚鉢

と称するオペレーター室と向き合ってきた事になる。


一切の雑音を排除するわけだから、無機質きまわりない空間。

孤独をヒシヒシと感じる空間。

勿論、コーラスでの録音が多かったから他にもメンバーはいるのだが、

心の奥底には、「もう二度と、この雰囲気を味わいたくない」と思っていた。

それほどの孤独感。いつも胃が痛くなる思いだった。


けれど、さすが、グレングールド!巨匠!!

徹底的にその孤独感を楽しむために、ステージ活動に拒否反応を示すと

同時に、レコーディングスタジオでの推敲を繰り返すことに喜びを感じていた

ようだ。


育ちきっていない我が感性には、観客の応援が必須であるのに比べると、

まさしく雲泥の差。


「何も起こらなければ、理想を実現するためのチャンスが残された」という

前向きの姿勢には驚愕。

巨匠は、弾きながら理想をつぶやき続けた。


こちとらは、からっぽの自分を意識して、観客の心から解き放たれる

感情を心待ちしてステージにたつしかない。


音楽の芸術性を保つには、どちらが正しい姿勢であるかは、あえて言うまでも

ない。


けれど、僕はやっぱりステージに立ち続ける。

僕にとってはそれが「音楽」というものだから。

このコラムに類似したコラム

パンダを探し歩いた不思議な動物園の夢☆ Yuriel - 恋愛アドバイザー(2012/11/30 05:55)

相手の気持ちを知ることは、自分自身の気持ちを知ること☆ Yuriel - 恋愛アドバイザー(2012/11/11 05:55)

つかんだ瞬間に本質から遠ざかる☆ Yuriel - 恋愛アドバイザー(2012/11/06 05:55)

音楽という魔法にかけられた 2 牧野 俊浩 - 音楽家(2012/09/03 17:00)

三枝塾 牧野 俊浩 - 音楽家(2012/04/04 09:46)