任意売却コンサルタントという仕事 - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

高橋 愛子
株式会社シナジー・マネージメント 代表取締役
東京都
宅地建物取引主任者
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

任意売却コンサルタントという仕事

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般

おはようございます。



シナジー・マネージメント  高橋です。




お客様から仙台のお土産「萩の月」を頂きました!


これ、本当に美味しいですよね。


大好きなお菓子です。


ありがとうございます!!



さて、弊社は、現在求人の予定はございませんが、


「任意売却の仕事がしたい!」


とよくお問い合わせをいただきます。


任意売却の仕事がしたい。


理由は様々かと思いますが、


私がこの仕事を始めた時は、


「任意売却なんてやってんの?よくやるね~」


などと同業者から言われました。


任意売却の仕事がしたい。などと言われる事など


無かったように思います。


それだけ以前と比べ、「任意売却」が認知されてきたと


いうことでしょう。とてもうれしく思います。


しかし、「任意売却」という仕事は、簡単なものではありません。


困っている方のお役に立ちたい


という信念は必ず必要。


それがなければこの仕事はできません。


そして、その信念だけあってもダメです。


難しい交渉や物件の販売力、不動産の知識など


実務ができなくては話になりません。


そして、勘違いしがちなことですが、


債権者さんあっての任意売却。


債権者さんの利益や方針を最大限重視し、


取りまとめる力があることがとても重要なことなのです。


債権者さんを泣かして自分たちの利益を確保するなどという


ことは、あってはならないのです。


以前、ある債権者さんに言われました。


「債権者と債務者、そして不動産業者は任意売却をすることに


よりWIN,WIN,WINの関係でなければならない。」


そうなんです。


私たちが動くことにより、債務者さんも債権者さんにメリットが


あるのです。


取りまとめるのは難しいことですが、そのスキルのバランスが


あってこその仕事です。


お客様への気持ちが強いだけでもダメ。


不動産の知識、実力があるだけでもダメ。


自分の利益重視ではダメ。


志し、思いやり、知識、実力のバランスが備わった人


こそが任意売却コンサルタントのプロと言えるでしょう。



私には、足りない部分があります。


それを今猛烈に勉強しています。


真のプロになるために。皆さまのために。


頑張ります。





  任意売却支援ネット




このコラムに類似したコラム

任意売却という仕事 高橋 愛子 - 宅地建物取引主任者(2013/01/31 16:56)

東京21倶楽部 高橋 愛子 - 宅地建物取引主任者(2013/02/22 20:04)

囲い込み、おとり広告 山田 大史 - 代表サポーター(2016/11/27 10:10)

不動産売買 トラブル相談例⑤【建築条件付きの土地の注意点③】 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2014/03/31 09:00)

不動産売買 トラブル相談例【契約予定のキャンセル】 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2013/11/23 15:58)