競売の取り下げとは? - 住宅・不動産トラブル全般 - 専門家プロファイル

木原 洋一
株式会社ライビックス住販 代表取締役社長
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

森田 芳則
森田 芳則
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2017年08月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

競売の取り下げとは?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 住宅・不動産トラブル全般
任意売却

競売の取り下げとは?


競売にかかってからでも任意売却は


可能だというお話をしますと


住宅ローン信用保証や住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)


などの債権者は競売の取り下げをして

任意売却を認めてくれるものと


勘違いされてる方がいます。


しかし、そのようなことはありません。




通常はどの債権者も一度競売にかけてしまったら


売却代金と引換でなければ、


競売の取り下げを先にするということはありません。


つまり、


売買の代金を支払ってから競売の取り下げを

裁判所にて行うのです。


もちろんこの一連の取引は、


抵当権解除書類と競売の取り下げの書類をセットで


事前に司法書士に確認しておいてもらい


売買決済時に関係者全員が銀行や裁判所に集まり、


代金の振り込み確認後、

抵当権解除書類と競売の取り下げの書類を


法務局と裁判所へ持参して抹消と取り下げを行うのです。




競売にかけられると裁判所により、


建物の立ち入りと内部写真や債権債務の内容が


公開されてしまいますので

出来れば競売にかけられる前に


任意売却などで売却できるといいですね。


このコラムに類似したコラム

住宅ローンの「無理」な支払い 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/11/19 13:41)

任意売却がゴールだと勘違いしていませんか? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/03/11 08:02)

抵当権とは? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/06/18 08:46)

任意売却とは関係ありませんが、、、、 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/03/05 08:20)

このままでは競売になってしまいます。 どうしたらいいでしょうか? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/04/27 10:42)