遺言書作成と相続手続き講義の収録|東京都内 - ビジネススキル研修全般 - 専門家プロファイル

明石 久美
明石シニアコンサルティング 代表
千葉県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル研修

鈴木 誠一郎
鈴木 誠一郎
(ビジネスコーチ)
明石 久美
明石 久美
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年04月30日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

遺言書作成と相続手続き講義の収録|東京都内

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ビジネススキル研修
  3. ビジネススキル研修全般
セミナーの様子 :遺言・保険・相続対策セミナー

ファイナンシャルプランナーの明石久美です。

今日は、東京都内の証券会社で、遺言書の有無と遺言種類によるその後の相続手続きについてお話してきました。

遺言書は、お金持ちの人が書くものと思っている人が多いのですが、家族が相続で困らないように作成しておくものでもあります。

例えば・・・
「うちは財産なんてないから~。だって、この家とわずかな預貯金しかないし。」
と言う人が多いのですが、

「分ける財産がないから、かえってもめる」ということに気付かなければいけません。

夫亡きあと、妻は家に住み続けたい、わずかな預貯金はその後の生活の糧にしたい。と思っても、その要望がとおるとは限りません。
最悪、家を処分して・・・なんてことになるかもしれません。


さらに、子がいない夫婦も遺言書があったほうがよいものです。

子がいない場合は、相続人が配偶者と亡くなった人の親(死亡している場合は兄弟姉妹)です。
夫の親や夫の兄弟姉妹の遺産分割も、円満にいくかどうかわかりません。

余裕のある金銭がある程度あれば、相続分を現金で渡すことができますが、現金がない場合は、先程と同じように家を処分しなければならないということになるかもしれません。


自分には無関係かもしれないと思っていた遺言書が、実は必要なケースもあります。

まずは、遺言について知ってから、「遺言書は要る・要らない」を判断したほうがよいのです。


セミナー講演の様子はこちら
参加者の声はこちら
シニア向けセミナー、営業社員等への研修セミナーも行っております。
 ・老後準備や相続対策など老い支度セミナー
 ・エンディングノート作成セミナー
 ・遺言書セミナー
 ・成年後見セミナー
 ・相続・保険セミナー
 ・葬儀・お墓など終活セミナー
 ・悪質商法の手口と対策セミナー
セミナー講演・研修のテーマや内容の詳細はこちら   
■講演地域:全国
北海道、福島県、茨城県、東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、静岡県、長野県、愛知県、三重県、和歌山県、大阪府、奈良県、兵庫県、広島県、島根県、香川県、高知県、愛媛県、鹿児島県など全国で行っております
◆明石シニアコンサルティング ホームページ「 終活・葬儀・老い支度相談所
◆理事長を行っている相続専門家チーム「 これから相続コンサルネット

 

このコラムに類似したコラム

「配偶者がなくなったときにやるべきこと」研修セミナーを終えて 明石 久美 - ファイナンシャルプランナー(2012/08/31 00:46)

実力があっても損をしている 丸山 ゆ利絵 - 経営者・エグゼクティブのコンサルタント(2015/05/02 07:49)

終活事情とエンディングノートセミナー講師を行ってきました|東京都杉並区 明石 久美 - ファイナンシャルプランナー(2015/01/23 08:00)

証券会社で社員研修を行ってきました|東京都内 明石 久美 - ファイナンシャルプランナー(2014/10/04 08:00)