訊くことを止めるのなら、営業も辞めよう。 - 各種の新規事業・事業拡大 - 専門家プロファイル

株式会社CSプランナー 代表取締役
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

訊くことを止めるのなら、営業も辞めよう。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 各種の新規事業・事業拡大

魚の中で、泳ぐの止めたら、死んでしまう魚が複数いる。


寝ている時も、泳ぎ続けている。


まあ、人間の寝るというのとは意味が違うのだろうが・・・。


話は営業のことに変わる。


お客様と接触しない、したくない人は、営業職を辞退した方が良い。


接触とは、何も訪問に限ったことではない。


電話、メール、FAXも同じことだ。


何のために、接触するのか。


お客様のニーズに応えられる商品、サービスか、訊くために接触するのだ。


押し売りすることではない。


断わり理由を聞けば、早々に御礼を言って、引き上げれば良い。


営業で接触は、訊くことだ。


訊くことを楽しむことだ。


楽しんで訊き続けることが出来ないなら、営業職を諦めよう。




営業人材育成、新入社員のモチベーションアップについて、お困りの方は、お気軽にご用命下さい。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(経営コンサルタント)
株式会社CSプランナー 代表取締役

キキダスことで平凡な営業がトップセールスに変わります。

学生時代、成績劣等生が、できない悔しさを知っています。誰のができる面白く営業するを実践し、25年間、業績の前年割れを経験したことがありません。常に新しいこと(客、商品)に2割の力を入れることで業績を上げ続けることができます。

このコラムに類似したコラム

名刺の数 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/04/19 23:21)

営業成績を上げるには、確率から行動を考えよう! 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/03/15 23:31)

今どきの指導 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/01/25 11:17)

良いのは、当たり前。(目の前の)お客様にとって、どこが良いのか。 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/12/17 18:52)

営業は当たり前を面白く 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/11/09 09:43)