【最強ビジネスモデル】表現技術のためのディベート。 - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

星 寿美
プラウドフォスター株式会社 代表取締役
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新規事業・事業拡大

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【最強ビジネスモデル】表現技術のためのディベート。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般

 【最強ビジネスモデル】  2012.07.31 No.0428
===========================

ディベートに興味を持ったのは数年前。
人によって様々なイメージを持つディベート。

私は、
「自分の意見を論理的に説明し、
 相手の意見も論理的に聴く事が出来る
 素晴らしい手法だ」
というイメージだった。

それが、日本でディベートというと
相手を言い負かすものだとか、説得するもの
というようなイメージで解釈されている
ということに、会話のなかで、
また、様々な本から知り驚いた。

それで、一般的に思われているイメージと
自分のイメージが一致しなかったので
誤解されてしまう事が多かったため
「ディベートがいいと思っている」ということを
発信していなかった。

しかし最近、
ディベートとは、どういうものであるかという事、
意味やメリットなどについて、大変分かり易く
説明が書かれている本と出会った。

ザ・ディベート
自己責任時代の思考・表現技術
茂木 秀昭(著)
筑摩書房(2001/04)

ディベートとは
・様々な観点から物事を捉える。
・主張を客観的且つ論理的に伝える事が出来る。
・相手の主張をしっかりと聴ける。
・感情論ではなく、本質を感じることができる。
などの訓練になると私は感じている。

それは、私自身がいつでも言葉の限界を感じ
感じている事の数%も言葉に出来ないもどかしさを
子どもの頃から感じていたからこその実感だ。

もちろん、言葉の限界があり
深いことを全て論理的に説明できるか
というと、それは難しい。

けれども少なくとも
たった一面だけを見て、判断したり
耳障りのいい言葉に巻かれたりすることは
避けられる。

だから、今の日本にとても必要な技術だと
私は心から感じている。

ディベート、という舞台
(イベント・機会など表現は何でも良いが)
そのものではなく、その考え方や手法が、
問題解決や取捨選択、そして本当に分かり合うための
コミュニケーションなどに、とても有効だと私は思う。

___________________________
■今日のまとめ

・ディベートは表現のための技術。

 ・様々な観点から物事を捉える。
 ・主張を客観的且つ論理的に伝える事が出来る。
 ・相手の主張をしっかりと聴ける。
 ・感情論ではなく、本質を感じることができる。
などの訓練になる。

・今の日本にはとても必要な技術だと私は感じている。

---------------------------

このコラムに類似したコラム

【最幸ビジネスモデル】分けて考える。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/10/01 10:42)

【最幸ビジネスモデル】ひっかかりちゃんが大切。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/12/17 23:30)

【最幸ビジネスモデル】これがビジネス。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/12/03 11:24)

【最幸ビジネスモデル】ただのヒガミでした(観念)。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/11/20 07:44)

【最幸ビジネスモデル】過去の成功体験に捉われない。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/11/14 18:10)