【最幸ビジネスモデル】過去の成功体験に捉われない。 - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

星 寿美
プラウドフォスター株式会社 代表取締役
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新規事業・事業拡大

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【最幸ビジネスモデル】過去の成功体験に捉われない。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般

 【最幸ビジネスモデル】  2013.11.14 No.0740
===========================

過去の成功に捉われて
もっと先に行けるのに止めていたなぁ、
と実感した事をシェア。

実はたくさん実例があるのだが・・・
たとえば、
私はDVから逃げる時に
元夫や姑に嘘をついて
にげだした。

子どもを抱えて逃げるには
それしか、その時には思いつかなかった。
子どもと穏やかに暮らしたい、
そのためには、どんなに悪者にされたって
構わない!という強い信念の元、実行した。

結果的に逃亡劇は大成功。
4.5畳しかない小さなアパートで、
無一文の状態から
ひっそりと子どもとの生活を始める事ができた。

その後、いろいろと大変な事は
待ち構えていたが(爆)
たくさんの人に助けられ
おかげさまで、
今は、
とても幸せに穏やかに楽しく暮らしている。

まず辛い場所から逃亡できたことで
今の幸せに繋がっているので
私の中で
「人から嫌われたり悪者にされたりすることを
 恐れる事なく、実行すれば道は拓ける」
という成功体験を一つもっていた。

よーく考えれば
まわりの人に愛されて
その人達も気持ちよく
道を切り拓けたら、それに超した事はない。

にも関わらず
私は、その成功体験のもと
仕事も、そうやって続けて来た。

誰かから嫌われる事を恐れて
いい子ちゃん路線で行くより
嫌われても、分かる人だけ分かればいい、と。
まるで、愛想のない頑固親父のいる
ラーメン店のような仕事を展開していた。

(私の場合は、
 愛想はあったが頑なところがあった)

これがまた成功してしまうんだ(爆)

だから、その成功体験のやり方が
いい方法である、という信念を強めていた。

その成功体験に捉われて続けている限り
本当はもっと成功できるのに
その水準で止めてしまう。

過去の成功体験は
その時の自分の水準ではベストな方法
だけれども、
自分自身も成長しているので
方法も変化していくのだ。

まわりの人に愛されて
その人たちも幸せにできる方法は
たくさんある!
と、方法を書き換えたら
売上という具体的な数字も
仕事の面白さや深さも何倍にも変化する。

これはコミュニケーションにも当てはまる。
幼少の頃、
両親の影響で身に付けた処世術。
たとえば、自分が我慢して笑っていれば
うまくいく、だとか
顔色を見て判断する事でいつも危機を
乗り越えて来た、など
きっと人の数ほど、例があると思う。
その成功体験を大人になっても
まだ持ち続けていたら
それが足かせとなって
本当はもっと気持ちのいい関係が築けるのに
難しくさせている、という例は非常に多い。
もちろん、私自身もそうだ。

成功すると、
この方法はうまくいく!とインプットされるので
仕方がない面はあるが
それに甘んじていると(←ちょっと表現違うかも)
さらに幸せになったり成功できるのに
勿体ない、という状態になる。

過去の成功体験は過去のもの。
いつでも、今、どうしたらベストなのか?
自分が一番望んでいることをするために
何ができるか?
新しい方法にチャレンジして行こう。

いくらでも先に進める事ができる。

___________________________
■今日のまとめ

 過去の成功体験は
 その時の自分の水準でのベストな方法。
 過去の成功体験を手放して
 今、ベストな考え方を取り入れる事によって
 さらに成功していける。
 
---------------------------

このコラムに類似したコラム

【最幸ビジネスモデル】ひっかかりちゃんが大切。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/12/17 23:30)

【最幸ビジネスモデル】これがビジネス。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/12/03 11:24)

【最幸ビジネスモデル】狙わず結果を出す。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/11/18 18:31)

【最幸ビジネスモデル】問題の作り方。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/11/11 08:57)

【最幸ビジネスモデル】分かり合うという事。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/11/08 08:00)