人生は出口で決まる - 営業戦略・販売計画 - 専門家プロファイル

別所 諒
ビジョン・コンサルティング 別所諒 主宰
東京都
マーケティングプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:営業

水内 終一也
水内 終一也
(経営コンサルタント)
竹内 慎也
(営業コンサルタント)

閲覧数順 2017年02月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

人生は出口で決まる

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 営業
  3. 営業戦略・販売計画
経営コンサルティング ビジネスモデル




「人生は出口で決まる」ということに気づいてから、僕は自分中心で生きている。

今のところ、夫であり、父親でもあるので、色んな事情もあるにはあるが、守るべきものがあるからといって、何かをあきらめることはなくなった。




別に夢なんてものは持たずに子供時代を過ごして、学校の先生になろうと思っていた。それも何となくだったので、偏差値の高い学校に行けば選択肢が広がると思っていた。しかし、勉強する根性がなかなったので、浪人して何とか引っかかった大学に進学した。




教師って地味だなと思い始めて、大きな広告会社でコピーライターになって日本中の人に知ってもらうようなコピーを書きたいと思った。使命感なんてものがあるわけではなく、芸能人と付き合えるんじゃないかいうのがその理由(当時はバブル)。




就職活動はやったものの、大手広告代理店は話にならず、中堅の印刷会社に入って、営業に配属されてしまった。入社式で「将来社長になります。」と言った誓いは1年後には部長をになるに変わり、3年後には居場所をなくして退職した。


その後は転職を繰り返して、家族がいるのにフリーターになった時期もある(これはあまり人に言っていない)。最初に描いた青写真はことごとく崩れ、まぁ、転落人生ある。




しかし、僕は現在、コピーライターになり、一人でやっていはいるが、「社長」と呼ばれることもある(個人事業主だけどね)。



これ、どう思う?



僕は夢を叶えているのだろうか?




いえいえ、叶えていません。



でも、これから叶える可能性があるということだ。しかも、かなり大きな可能性が。




夢を叶える可能性って誰がつくるものかと言えば、結局のところ自分。


人生、何かにつけて予定通りにいかない。


だけど、入口を間違っても、出口が正しければいいんじゃないかと思う。



とかく、人は入口にこだわりがちだが、いい人生かどうかは死ぬ寸前にしかわからない。



しかも、今から死ぬ直前のことを考える必要もない。なぜなら、死んでしまうまで僕らは生きているからだ。つまりは、いい人生を生きるコツは、今やりたいことに我慢しないことじゃないかと思う。


僕らは何かをあきらめる必要はない。



でもね、全国のちびっこ諸君は、勉強もしっかりね!

40歳過ぎてから、こんなにも当たり前の事に気づく大人になっちゃうよん!(笑)




このコラムに類似したコラム

人は誰かに認められることで生まれる 別所 諒 - マーケティングプランナー(2012/07/18 11:24)

あなたはあなたであり、あなたではない。 別所 諒 - マーケティングプランナー(2012/07/16 15:39)

儲からないコンサルタントはおかしい 別所 諒 - マーケティングプランナー(2012/06/19 12:11)

ジョン・ケープルズの名言(見出し) 竹内 慎也 - 営業コンサルタント(2012/03/06 09:00)

印刷会社が売上を上げる方法 別所 諒 - マーケティングプランナー(2012/01/07 10:33)