儲からないコンサルタントはおかしい - 営業戦略・販売計画 - 専門家プロファイル

別所 諒
ビジョン・コンサルティング 別所諒 主宰
東京都
マーケティングプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:営業

村田 翔
村田 翔
(マーケティングプランナー)
水内 終一也
水内 終一也
(経営コンサルタント)
竹内 慎也
竹内 慎也
(営業コンサルタント)
別所 諒
(マーケティングプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

儲からないコンサルタントはおかしい

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 営業
  3. 営業戦略・販売計画
経営コンサルティング ビジネスモデル

優秀なコンサルタントとはどんな人物になるのか?と寓話に例えて考えてみる。


あるところに、お腹を空かせた子供がいた。


それぞれにパンをひとつ持った大人が4人子どもの前を通りかかった。


ひとりは、見なかったふりをして通り過ぎた。
ひとりは、パンをまるごと子どもにあげた。
ひとりは、パンを半分子どもにあげた。
ひとりは、子どもの通り道に先回りして、子どもがパンを自力で見つけるように導いた。



さて、優秀なコンサルタントは誰?



最初の大人は論外として、二人目は自分が飢えるし、3人目は子どもを依存させる。で、4人目とお考えかもしれないが、たぶん、みんなダメだと思う。
(おお、なんと無慈悲で冷酷な投稿だろうか・・・)


理由はどれも汎用性がないからだ。
子どもがパンを見つけたのは自力だと思っても、道端にパンが落ちていることなどそうそうはない。ところが、一度うまくいってしまうと子どもは同じことを繰り返す。つまりは、極めて成功確率の低いことを教えたことになるのだ。



では、どうすればいいのか?



あくまで個人的な見解だが、子どもにパンをもらう交渉術を教えるということだと思う。


「どうすれば、私は君にパンをあげようと思うだろうか?」


子どもの資本は体と知恵だけ。
体を使って靴磨きをするか、肩をもむか、服を洗濯するか(これには洗剤がいりますな)、というのが仕事だ。


それで成功したら、子どもは知恵を使い、他の子どもに方法を教えて、うまく行ったら手数料を貰う。こうして、子どもは仕組みをつくる。会社のスタートだ。


そして、大人は子どもから顧問料を受け取って、経済が循環する。
それが優秀なコンサルタントだと思う。
(魚をやるな、釣り方を教えろというのも同じ)



ところが、世の中のコンサルタントとクライアントの関係は4番であることが多い。
「本当のあなたを引き出す」というセッションの後、引き出された自分が成功確率が低いので、両方とも儲からない。
(本来、儲かっていないコンサルタントというのはありえない)



次に、仕事の価値を高めるための「メッセージ」が必要だ。同じ仕事でふたつのパンの価値があれば、それで子どもの人生は満たされたものになる。


そんなことで、僕はコンサルタントであり、コピーライター(屋号は文筆屋)をやっている。「僕にはそんな価値はない。」と思っている子どものマインドセットをするのが仕事だ。



たとえ、ねつ造と言われても、ね。






このコラムに類似したコラム

営業のマインドを高めたいなら… 竹内 慎也 - 営業コンサルタント(2013/07/26 07:45)

絶対的成功法則を発見 別所 諒 - マーケティングプランナー(2012/08/10 12:05)

本当に天才少女?福原愛選手 吉成 篤 - 営業コンサルタント(2012/08/08 22:34)

人生は出口で決まる 別所 諒 - マーケティングプランナー(2012/07/22 18:38)

人は誰かに認められることで生まれる 別所 諒 - マーケティングプランナー(2012/07/18 11:24)