取材前の注意点 - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

中村 英俊
中村 英俊
(広報コンサルタント)
中村 英俊
中村 英俊
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)

閲覧数順 2017年05月29日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

取材前の注意点

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般

取材には2通りあります。


ひとつはこちら側からプロモートする場合と、メディア側から依頼される場合です。


両者に共通して言える注意事項は、事前に発信者側とメディア側の温度差を縮めておくことです。


日頃から取材頂いている記者であればさほど問題は無いかも知れませんが、初めてお会いする記者に事前説明なく取材を受けることは無防備と言えるでしょう。

少なくとも質問状などはもらっておく必要はあります。


何も確認もせずに、もし誤解や違った認識をしたまま取材に来られ、そのストーリーを変えられずに記事が出てしまう可能性があるからです。良かれと思って対応した取材で、結果意図しない記事が出てしまうということになりかねません。


記者は取材をする際には、記事のストーリーを事前に固めます。そのストーリーに沿って情報を確認していく、埋めていく作業が取材と言えますので、事前に取材のポイントを両社の共通認識としておくことが重要です。


そのため何がニュースなのか、どこがポイントなのかを事前に訪問して記者にレクチャーすることをお勧めします。その際、どういう考え方を持っているのか、何に関心を持っているのかなども把握しておくことが重要です。


また広報素材以前に、どの様な会社なのかも認識されていないのであれば、メディア向け会社案内などを活用して説明していくことは必須と言えます。


一方社内調整も重要であり、記者は事前にストーリーをイメージしてくるとは言え、取材時に聞いた面白い話があれば当然のことながら興味を持ち、ニュース性の高い方を選びますので、事前に立てたストーリー通りの説明をする必要があるでしょう。


それから記者からの質問状には現れない質問を事前に把握しておくことも重要です。適当なテーマを挙げて社長のアポを取りつけ、取材途中から急に流れを変えてくるケースもあります。

そのため、広報素材以外の発信企業の状況(他に大きな広報素材は無いか)、競合他社や業界で課題になっていることなども事前に把握し、回答の準備をしておくことをお勧めします。


取材はほんの一言で流れが変わる場合があります。生き物と言っても良いでしょう。そのため不用意な発言をしないことはもちろんですが、少なくとも最初の流れだけは事前に固めておくことが何よりも重要だと言えます。

クリックをお願いします!

















 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

競合を見極めよ 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/10/26 11:47)

記者の質問全てに満点の回答は不要 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/03/21 08:34)

広報マン自身の広報を 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/08/19 09:17)

説明できない言葉は使わない 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/02/27 12:49)

職業広報マンの増加 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/02/04 09:33)