職業広報マンの増加 - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

職業広報マンの増加

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般

 先日ある新聞記者と飲んだ際、最近”職業広報マン”が増えてきていると耳にしました。


その記者とは私が企業広報時代から幾度となく酒を酌み交わした間柄で、お互い熱弁を振るったものですが、最近はこの様な経験が少なくなったとのこと。広報担当者に愛社精神を感じられないとこぼしていました。


リリースを持ち込み一応は説明するものの、ちょっと突っ込んだ質問をすると答えられない。その商品のことでの質問には答えられても、他の商品や他事業、他の最近出されたリリースに関しては全く答えられないケースが少なく、致命的なのは熱意が感じられないというのが以前とは大きな違いだとのこと。


これは何が問題なのか。


①記事のイメージが出来ていない

 つまりはその訪問説明の際に必要な情報が準備できていない


②担当の細分化

 大手は致し方ない部分もありますが、担当を細分化し過ぎてマクロ情報を把握できていない。自身の担当のみならず、隙あらば自社の他商品や他事業のこと、自社自身を取り上げて欲しいという気持ちが希薄になってしまっている。


③モチベーションの低下

 激務で疲弊しているのか、社内評価が低いのか...



 色んな課題が想像はできますが、記者からすると


・広報に力を入れていない(軽視している 適任者を置いていない)

・広報ですら愛社精神を持てない会社なのか

・社員のモチベーションが上がらない状況なのか


などとリリースという前向きな情報発信の機会でありながらマイナスの情報を出していることになります。広報担当者であっても担当商品の知識力、事業全体や会社の状況や方向性などをどこまで把握しているかは定期的にチェックしていくことをお勧めします!


クリックをお願いします!














 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

広報マン自身の広報を 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/08/19 09:17)

絶対の拘りを否定してみる拘り 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/04/08 12:29)

御社の1号機をご存知ですか? 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/02/22 10:34)

差別化は大事 だが解り易さも必要 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/12/19 08:48)

露出の確度を上げる具体性 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/11/28 07:58)