広報マン自身の広報を - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

広報マン自身の広報を

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般

広報業務はなかなか正確には理解されていない仕事のひとつだろうと思います。


広報は経営の一環とよく言われますが、そう念頭にあるのは残念ながら広報部門だけなのかも知れません。


とは言え、広報マンだからといって広報を熟知しているとは限りません。もちろん目先の業務、自身の担当の商品や会社で如何に報道を得られるかについては十分に熟考されているでしょうから問題はないと思います。


今日申し上げたいのは、広報担当者自身の広報という点です。


これまで記者の方々に聞くところによると、書きようもないリリースを持ち込まれ、特にリリース以外の情報が出てこない上に、書いてくれるまで帰りませんなどとごねる広報マンがおられるようです。


また如何にも重要な話をすると見せかけて会見などに呼びつけておいて、実際には肝心なことはノーコメントなどと話さないというケースは散見されます。


これらの行為は、報道される否かなどではなく、広報マンの信用を逸する行為であり、間違いなく評価を落とし、かつ今後の活動にもマイナスの影響を及ぼすことは明白だろうと言えます。


目先の露出確保は重要な課題であることは間違いありませんが、企業広報が企業価値を上げるために尽くすように、広報担当者も自身の価値向上、信用を得ること、メディアと永い付き合いが出来うる関係構築を意識した行動が必要だろうと思います。


クリックをお願いします!












 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

「不祥事対応は日頃から」が肝心 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/09/13 10:25)

3月は振り返りの季節 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/03/15 07:52)

露出の確度を上げる具体性 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/11/28 07:58)

模範性もニュース性 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/11/26 09:32)

競合を見極めよ 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/10/26 11:47)