内膜の薄さ…今できること - その他の心と体の不調 - 専門家プロファイル

徐 大兼
アキュラ鍼灸院 院長
東京都
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心と体の不調

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

内膜の薄さ…今できること

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心と体の不調
  3. その他の心と体の不調
質問:

「不妊治療2カ月目になります。前周期には、自然に卵胞が育つため、周期11日目卵胞が19mm・21mmになったため、排卵を促すHCG注射をしてタイミングをとりました。しかし、その日の内膜は4.5mmでした。タイミングをとったもののリセットしてしまいました。

そして、今周期、周期4日目より1日おきにHMG注射を行い、周期11日目で卵胞16.5mmでした。そして内膜4.1mm…。翌日、仕事のため診療時間に受診できなく、またその翌日は祭日のため休診であり、周期11日目にHCG注射をして、翌日とその翌日にタイミングをとりました。

先生は、「内膜は薄いが、妊娠率0%ではない。タイミングとって、駄目だったら次から内膜の治療をしよう」とおっしゃってくれました。心強いのですが、とにかく早く妊娠したい!!タイミングは取ったので、今からでも間に合う、自分でできる内膜を厚くする方法はないでしょうか?」

答え:

内膜の厚さについては色々な意見がありますが、一般的には排卵日あたりに10mm程度を基準として考えられているドクターが多いようです。しかし一方では子宮外妊娠など、卵管に着床してしまうケースなどでは卵管の厚さは2-3mm程度であるといわれてます。よって厚さにあまりこだわらないドクターもいらっしゃいます。

子宮内膜は卵胞が育つ過程で卵胞より放出される卵胞ホルモンに脳が反応し、内膜を厚くする指示を出します。その指示にしたがって、内膜は厚くなります。

よって内膜が厚くならない理由として3つあげられます。

1)卵胞からちゃんと卵胞ホルモンが放出されない
2)脳が卵胞ホルモンを認識しない
3)冷えにより血行が鈍くなり内膜が厚くならない

1)卵胞ホルモンが放出されない理由としては卵胞の質が悪かったり、卵胞が空砲である(卵子がはいってない)場合があげられます。多くの場合東洋医学的観点から見るとお腹の血液や気が滞ることによりおこると考えられます。腹部をできれだけ冷やさないよう腹巻などを着用することをおすすめします。

2)脳が認識しないのは自律神経に問題があります。自律神経は私たちの体の番人で常に私たちが考えることなく体の維持をしてくれてます。このカラダを維持していく機能も不摂生が続くとやがて働きが鈍くなったり過敏になったりします。できるだけ健康的なライフスタイルを心がけましょう。バランスの取れた食事、規則正しい生活、適度な運動、ストレスをためない生活が大事です。

3)内膜が厚くならない大きな原因として冷えがあげられます。下腹部を触ってつめたいお腹は要注意。腹巻などを巻いて温かくしてあげましょう。また、有酸素系運動(連続して最低でも20分カラダを動かす)を活用することによりカラダの内部から温めることができ、是非ライフスタイルに取り入れていただければと思います。

アキュラ鍼灸院 ファティリティーウェルネス
院長 徐 大兼

このコラムに類似したコラム

自分でせんねん灸 徐 大兼 - 鍼灸師(2012/05/05 13:09)

質の良い卵を得るにはどうしたらよいでしょうか? 徐 大兼 - 鍼灸師(2012/04/26 12:41)

セルフセラピー・3つの対策 松山真己 - 臨床心理カウンセラー/パーソナルコーチ(2014/03/04 14:58)

とにかく妊娠さえすれば!と思っているあなたへ。 徐 大兼 - 鍼灸師(2013/11/20 20:02)

日本のアロマとその魅力 須永 晃子 - メンタルヘルスコンサルタント(2013/11/04 11:10)