住宅金融公庫の日立キャピタル債権回収より一括支払の催告書が… - 住宅・不動産トラブル全般 - 専門家プロファイル

木原 洋一
株式会社ライビックス住販 代表取締役社長
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

森田 芳則
森田 芳則
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2017年10月16日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅金融公庫の日立キャピタル債権回収より一括支払の催告書が…

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 住宅・不動産トラブル全般
任意売却

広島県呉市に住むものです。

住宅金融公庫の代理の日立キャピタル債権回収より

一括請求が届きました。

もう半年以上住宅ローンの支払いが

出来ていませんでしたので

毎日びくびくしていたのですが、

任意売却にするよう勧める通知と一緒に届きました。

このままにしておくと競売にかけられるようです。

どうしたらいいのでしょうか?

主人は病気のため働けず、

わたしのパート収入だけで生活しています。

広島県呉市の方から
このようなご相談がありました。
住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)は
6ヶ月以上延滞すると
この日立キャピタル債権回収など
(この他、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)は
住宅債権管理回収機構
エム・ユー・フロンティア債権回収
にも回収業務を委託しています。)
の債権回収会社(サービサー)に委託して
「任意売却」か「競売」
を選択するよう通知してきます。

この催促書に記載されているように
そのままにしておくと競売にされます。
それよりも任意売却にして
引越し費用などを捻出してもらったほうがいいでしょう。
この任意売却の場合、
身内の方に買い取ってもらうことも可能です。
現金が用意できない場合は
身内間売買の住宅ローンや
リースバックなどの方法もあります。

結局、この広島県呉市の方は
成人している息子さんが
親子間売買で買い戻すことになりました。

この広島県呉市の方のケースのように
任意売却により買い戻すことが出来れば
住宅を失わなくてすみます。
競売になれば引越し費用などなく
最終的には強制退去させられますから
早めに任意売却専門業者へ
相談するのがいいでしょう


このコラムに類似したコラム

任意売却することが目的ではない 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/11/15 06:00)

独立行政法人住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)任意売却 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/06/06 17:13)

「住宅ローン破綻の解決に向けて」-12 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/05/13 07:29)

競売の3点セット 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/03/21 17:39)

有担保つきの債権譲渡は債務免除のチャンス 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/04/10 14:11)