どうやって鍼治療受けますか? - その他の心と体の不調 - 専門家プロファイル

徐 大兼
アキュラ鍼灸院 院長
東京都
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心と体の不調

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

どうやって鍼治療受けますか?

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心と体の不調
  3. その他の心と体の不調
質問:

「鍼治療というものを受けてみたいと考えているのですが、どのように先生に話をしたらよいでしょうか?

不妊治療に効果があるんじゃないかな~っと思って、少し試してみたいと思っています。もちろん、自分の不妊に効果がある、ないはわかりませんが、肩こり症で冷え性で、血行が悪いみたいなので、体質が改善されるのであれば、不妊治療にプラスにはなるんじゃないかと。。。

今定期的に肩をもんでもらいに行っている整骨院でも、鍼治療ができるようですのでお願いしたいと思っているのですが、『不妊治療に効くように鍼もお願いします』等と言うものなのかなぁと考えてしまって。

単に、『血流を良くする感じで』と言うのが一番簡単だとは思いますが、せっかくならなるべく不妊治療に効果があるようにして欲しいと思っているので、そのまま話をしてしまおうかとも思っています。が、もしかして鍼灸専門院でなければ一般的な鍼治療しかしてもらえないのか、そもそも鍼治療に一般とか専用とかそういう差はないものなのか、どうなのかとふと思ってしまいました。」

答え:

西洋医学は科学に基づいた医学です。ということは、科学的な検査(血液検査、MRI、X線)で異常がなければ治療のしようがありません。

裏をかえせば、運良く(?)異常が見つかれば治療ができるということです。見つかった異常に対して治療をしていくことを対症療法と呼びます。

FSHが高いなら→FSHを下げるホルモン療法、

黄体機能不全なら→黄体ホルモンの補充、

排卵していないなら→ 排卵誘発剤というように。

しかし、なぜFSHが高いのか?なぜ黄体機能不全なのか?なぜ排卵しないのか?その根本の問題まで考慮し、問題のない体にする方法はないのが現状です。というのは、そのような異常を起こす因子は複雑に重なっているので、原因を科学的に特定するのは不可能だからです。

一方、東洋医学では、症状によって治療を変えるというより、体質によって治療を変えていきます。なぜFSHが高いのか?なぜ黄体機能不全なのか?なぜ排卵しないのか?その原因は、一見卵巣と関係のないところにあることも多いのです。

東洋医学、鍼灸治療では、良質な卵が作れない原因となっているものを取り除いたり、改善したりすることが可能ですので不妊治療を専門としている鍼灸院へ是非一度ご相談されてみてはいかがでしょうか?

アキュラ鍼灸院 ファティリティーウェルネス
院長 徐 大兼

このコラムに類似したコラム

ホルモンバランスを整えるためにできること 徐 大兼 - 鍼灸師(2013/09/29 16:56)

鍼灸は移植前日や翌日でも大丈夫ですか 徐 大兼 - 鍼灸師(2012/09/12 00:03)

FSHが高く、排卵誘発にも全く反応しません 徐 大兼 - 鍼灸師(2012/06/27 22:42)

鍼治療の痛みついて 徐 大兼 - 鍼灸師(2012/06/20 08:28)

普通の鍼治療院だと通ってもあまり効果は出ない? 徐 大兼 - 鍼灸師(2012/06/06 08:19)